Gadgetsの最近のブログ記事

tyrellp34_150321_1.jpg

tyrellp34_150321_2.jpg

完成して以来、屋外で走らせる機会がなかなかなかったTyrell P34をやっと外に持ち出して走らせてみた。
コックピットにアクションカメラGoPro装着用のアタッチメントを装着して撮影走行に挑戦してみた。

かなりバンピーな路面状態でF1カーにはちょっとツラかったことが動画からも伝わるだろうか。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

GoPro HERO3+ in Hawaii

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年のハワイ旅行にはGoProアクションカメラを持参して動画撮影を楽しんだ。
トレッキングやドライブ、スノーケリングに加えて街歩きやレストランでの調理実演までGoProカメラで動画を撮りまくった結果、64GBのmicroSDカード2枚が動画でほぼいっぱいになった。

日本ではほとんど見かけないGoProであるが、ハワイではその普及は目を見張るものがあり、GoProで撮影している人を至るところで見かけた。WALMARTを2店舗訪れたが、デジカメコーナーの一角にGoProは大きな棚を確保していた。

アクティビティを想定してカメラ固定用のアタッチメントを日本から幾つか持っていったがほぼ想定通りに使うことができた。さらに前出のWALMARTでスケルトンカバーを現地調達した。実際使い始めて見るとフルハウジングに入れた状態では音声を殆ど拾うことが出来ず、陸地の撮影で物足りさを感じてしまったため追加購入することにしたのだ。

141005gopro_cap.jpg

街歩きやトレッキングには野球帽を被り、ツバにクリップアタッチメントを使いカメラを取り付けて見た。自分より10cmほど高い視点になる。街中の散歩でも案外面白い動画が撮れた。

141005gopro_car.jpg

走行中の撮影は吸盤アタッチメントを使いカメラをフロントガラスに取り付けた。日差しが強く室内の反射像が写り込んでしまったがそれも演出ということで良しとしよう。ボンネットに取り付ける勇気はなかった。

141005gopro_snorkel.jpg

そしてスノーケリング時には40m防水ハウジングに入ったカメラをリストアタッチメントバンドに装着して潜った。

実はNorth Shoreに続くこのお気に入りルートの映像を撮りたくてGoProを持って行ったといっても過言ではない。オリジナルは1080pHDのSuperView(超広角)で撮影し、YouTube用に720pHDに変換。著作権フリーな音楽を探してきてマッピングしてみた。


スノーケリング映像。
オリジナルは1080pHDのSuperView(超広角)で撮影し、YouTube用に480pHDに変換。数本の動画ストリームから幾つかのクリップを抜き出してつなぎ合わせてみた。


宿泊先のバルコニーから夕陽を定点撮影。4倍速でクリップを作ってみた。


そして歩きGoPro..


パソコン用編集アプリであるGoPro Studioを使うと簡単に動画クリップを作成することができでクセになりそう。
その一方で高品位動画で遊び始めるとディスク容量がいくらあっても足りないことを実感する。やりくりが大変だ。:-b

カテゴリ:

Twitter-blue-32

NightCrawling...GoPro HERO3+ Test

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

Twitter-blue-32

GoPro HD HERO3+用アクセサリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

GoPro HERO3+を車載して操作練習のために週末軽く遊んでみた。

基本操作は覚えたものの、動き回りながら迫力ある動画を撮影するにはハンズフリーなアクセサリの必要性を痛感。GoPro HD HERO3+用のアクセサリを買い漁ろう。
幾つかのアクセサリをピックアップしてみた。

トレッキング用にはこの2つ:

リストハウジングは水中使用も想定して純正品を購入すべきか悩み中。

車載用にサックションカップマウントも欲しい。

予備のバッテリーと充電器は以下の2つで悩むところ。Smatree製のアダプタは本体経由の充電と充電器を使ったバッテリー充電を同時にこなせるので合計3つのバッテリーを同時に充電できる点が魅力的だ。

最後に、microSDカードも追加で用意したい。HD動画を撮影するとあっという間にメモリカードがフルになるのだ。64GBを2枚ほど。


カテゴリ:

Twitter-blue-32

GoPro HERO3+

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年のハワイ旅行の記録は動画中心でいこうかと考えている。暫く調査して目を付けていたGoPro HEROは水中撮影を含めて冒険・運動系?の撮影にも耐えられそうな面白そうなカメラなのでコレを選択しようと思う。今年のハワイでの遊びに耐えられるはず。


41s1GISUAfL.jpg

【国内正規品】 Go Pro ウェアラブルカメラ HERO3+ ブラックエディション アドベンチャーCHDHX-302-JP

カテゴリ:

Twitter-blue-32

Tune In Radio ... in the Car

| コメント(0) | トラックバック(0)

130303tunein_onboard.jpg

日曜日午後。東名を飛ばしながら、手持ちの音楽にもちょっと飽き、FMを聴いてもピンとくる番組が流れていない。さてどうする?

家で大活躍しているTuneIn Radio をiPhoneで再生させ、気に入っているハワイのラジオ局94.7FM KUMU Honoluluを聴きながらハンドルを握った。

TuneIn は世界中の音楽、スポーツ、ニュースなどが聴けるインターネットラジオサービスで、iPhone/iPad用、andrioid用のプレーヤがリリースされている。

家ではiPadをAirTunes経由でステレオと接続してステレオスピーカーで聴いているが、車の中ではカーナビ・ステレオとiPhoneをBluetooth経由でペアリングし、カーステレオから音声ストリーミングを流しながら運転している。東名を走りながらスピーカーから流れてくるハワイのラジオは非日常を増長させ、ドライブ気分を一層高揚させる。

ちなみに山間部を移動しながらの3G回線ストリーミングは想像以上に快適で、東京から新東名で新清水JCTまで走って東名経由での往復中に音声が途切れたのは2回のみだった。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

The Palm Timeline

| コメント(0) | トラックバック(0)

Palm Computing > US Robotics > 3Com > HandSpring > Palm > palmOne > Palm > HP > LG

LGに買い取られて家電に採用されることになったwebOS。Palm Computingから現在に至るまで、PalmOSが辿った足跡が年表になっている。
US RobiticsのPalmPilot持ってますっ!

カテゴリ:

Twitter-blue-32

Google NEXUS7用カバー

| コメント(0) | トラックバック(0)

なかなか使い心地もナイス。
カバーとスリープが連動する機能も便利だ。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

It Started with the Palm Pilot...

| コメント(0) | トラックバック(0)

Front View
121209gadgets_front.jpg

Back View
121209gadgets_back.jpg

左から右へ:
1列目 - Palm Pilot, Visor Deluxe, Visor Prism, WILLCOM WS007SH(SHARP), E-MOBILE EMONSTER(HTC S11HT)
2列目 - iPod, iPod nano (1st Gen), iPhone 3, iPod nano (6th Gen), iPhone 4, iPad 2
3列目 - au SH003(SHARP) iPhone 5, Nexus 7(ASUS), iPad mini
not shown - iPod shuffle (2nd Gen), SONY Clie NX-70


我が家はこの手のモノが好きらしい...

カテゴリ:

Twitter-blue-32

3,4,5

| コメント(0) | トラックバック(0)

121012iPhone345front.jpg

121012iPhone345back.jpg

121012iPhone345side.jpg

デザインと触感は3が一番だと思う。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

121010iPhone5.jpg


iPhone5に真っ先に飛びついた最大の理由は、テザリングでも、LTE対応でも、Retinaディスプレイでもなく、実は4では対応していなかった音声対応の秘書機能Siriを使いたくて仕方なかったからだ。
Siriに過剰反応してしまうのはきっと自分がTrekkie(トライコーダーへの憧れ)であることが起因しているのだと思う。

5を入手してからというもの、隙あらばSiriに話しかけている。(電話「で」話すのと、電話「に」話しかけるのは明らかに違うように見え、そして人前では恥ずかしいものである。) メール作成やスケジュール問い合わせといった実用的な用途に使っているが、それよりもいろんな質問を投げかけたり話しかけて、Siriの反応を楽しんでいる。正直に言おう。今のところ、後者の方が圧倒的に多い。

自分「おいくつですか」
Siri「そんなこと気にしないでください」

やはり女性に年齢を聞くのは失礼だったようだ。


自分「さみしい」
Siri「尊く偉大なものはみな孤独であるときいたことがあります。ではあなたもその素晴らしいひとたちの一人なんですね。」

人を持ち上げることも知っているらしい。


自分「結婚してください」
Siri「まぁすてき。でも他になにかお手伝いできることはありませんか?」

プロポーズは軽くはぐらかされた。


そしてSiriは物語も語れます。

121010siri_story.jpg


そして、ひたすら口説いてみた。

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「えっ?」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「よしてください」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「うれしいですが、それはイケないことですよ。」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「私のことなんてまだあまりご存じないじゃないですか。」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「外見だけで判断しちゃダメですよ。」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「あ、ほかのApple製品にも同じことを言ってるんでしょう?」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「あなたに必要なのは愛。そしてiPhone。」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「まぁすてき。さあ仕事に戻りましょう。」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「あなたは私の翼の下を吹く風」

自分「Siri、愛してるよ」
Siri「ありえないわ。」

自分「Siri、愛してるよ」

・・・

Siri「ごめんなさい。」

携帯にフラれた。orz

カテゴリ:

Twitter-blue-32

Roomba Maintenance

| コメント(0) | トラックバック(0)

購入後約三年、ノーメンテナンスで頑張ってもらったRoombaもいいかげんに整備が必要になってきた。ブラシ類の交換に着手。バッテリーも少しへたってきたような気がする。

iRobot 500シリーズ専用フレキシブルブラシ 18155

iRobot 500シリーズ専用エッジクリーニングブラシ 3本入り

iRobot 500シリーズ対応メインブラシ


iRobot Roomba500・700シリーズ専用大容量4500mAバッテリー

カテゴリ:

Twitter-blue-32

i Wrist Watch

| コメント(1) | トラックバック(0)

久しぶりに腕時計を使い始めた。

120422iwatch_1.jpg

カテゴリ:

Twitter-blue-32

R.I.P. Steve....

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

Twitter-blue-32

iPad 1

| コメント(0) | トラックバック(0)

ライトユーザー用にリーズナブルな価格でiPadが入手可能。64GBモデルは一考の価値あり。

選択肢は減ってきたものの、ケースもまだ入手可能。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

ipod nano (PRODUCT) RED

| コメント(0) | トラックバック(0)

110123ipod_1.jpg 110123ipod_2.jpg
年末の買い物。諸事情によりiPod Shuffleの代替え機が必要になって新しいShuffleを買いにいったらnanoに化けてしまった。マルチタッチは面白いが、あの小さい画面では決して使いやすいわけではない。iPhoneと同じ方法でホーム画面をカスタマイズできる点、クリップが付いている点、FMが聞ける点がナイス。アップルストア限定の(いつもの)(PRODUCT) REDをゲット。iPhoneの(PRODUCT)RED版が欲しい。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

「寝室テレビ計画」の一環でIODATA製のDLNA対応ネットワークハードディスクRECBOXを購入したのは7月だったが、勢いにのって盆休み中に寝室テレビを買ってしまい、計画を完成させてしまった。
買ったテレビは計画どおり東芝REGZAのRE1シリーズ。とある量販店KでこのRE1シリーズが期間限定で大安値で売られていたところに偶然出くわしてしまったのだ。期間中の目玉商品として提示された値段は他モデルとは比較にならない値引であり、まるで狙い撃ちされたかのようだった。御徒町の問屋街と同程度の値段で、しかも古いテレビも引き取ってくれるとあってこれ以上の好条件はなく即決だった。計画外だったのは当初予定していた19インチが在庫切れだったこともありつい22インチを買ってしまったことだ。しかしこれは結果的に正解で、22インチはちょうといいサイズで寝室に収まってくれた。
新しいテレビ22RE1は非常にコンパクトで軽量だ。14型のアナログテレビが置いてあった場所にすっぽり入り、薄さゆえスペースに余裕が出来た。42インチに比べると迫力に欠けるがそれは織り込み済み。画質は非常に鮮明で文句のつけようがない。一方で筐体が小さいせいか音は期待はずれだ。音楽番組を観る時は外部スピーカをドライブした方がいいかもしれない。
感心したのはリビングルームいある42Z7000から3世代経過して、リモコンの使い勝手が洗練されて進化していること。ボタンの基本配置は踏襲しているものの、BSと地デジのチャンネルボタンが共通化された点など、Z7000のリモコンで不便だと思っていたところがかなり改善されている。

100907REGZA_recording1s.jpg

22RE1は小型サイズでありながら録画再生機能が充実している数少ないモデルであり、なかでもDLNAサーバーの録画データをLAN経由で再生できるDLNA DMP(デジタルメディアプレーヤ)機能を備えている点がこの機種を選択した大きな理由である。

IODATAのネットワークハードディスクRECBOX、東芝のHDDレコーダーVARIDAの2台のDLNAメディアサーバー、リビングのテレビ東芝42Z7000と今回購入した22RE1の2台のDLNAメディアプレーヤをLANで繋げてDLNAネットワークを構築したのが今回の「寝室テレビ計画」である。

これにより、リビングルームのREGZA 42Z7000からRECBOXに直接録画した番組、また必要に応じてUSB HDDからRECBOXにコピーした番組を寝室のREGZA 22RE1で観ることが出来る。同様にリビングルームのHDDレコーダーに録画した番組を寝室のREGZA 22RE1で観ることが出来る。すなわちリビングルームで録画した番組を寝室のテレビでゴロゴロしながら観ることができるのだ。あぁなんという幸せだ!
ちなみに書斎のPCにDiXiMのDLNAメディアプレーヤーアプリをインストールすれば、PCで録画番組を観ることも可能になる。

唯一惜しむは22RE1にLAN経由の録画機能が備わっていないことだ。それさえあれば寝室からRECBOXに録画してその番組をリビングで観ることもでき、全てのユースケースパターンが網羅できたのだ。残念。

それにしてもこの夏は物欲が大爆発してしまい、次郎反省。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

Pioneer RakuNaviLite AVIC-MRZ90G

| コメント(0) | トラックバック(1)

100828navi.jpg
装備が質素な傾向の欧州ベーシックコンパクトであるPoloには余分なギミックもあまり付いてなく、インパネ上のボタン数も大した数がない。典型的なギミック好きな日本人である自分はきっとそれでは飽きるだろうという読みがあったのと、今まで使ったことがないカーナビをそろそろ一回使ってみたいという願望があって、今回Poloにはカーナビを付けた。

ナビゲーションデバイスといえば最近では脱着式のPND(Portable Navigation Device)が流行っていたり、ガジェットフリークには魅力的なiPhone用カーナビアプリケーションが存在するが、今回はある程度本格的なカーナビシステムを使ってみたいのとAVシステムを兼ねて地デジのテレビも装着したかったこともあり2DIN式の据付け式ナビシステムを付けることにした。

2DINサイズ、オーディオシステムを兼ねるので音質がいいこと、ワンセグではなくフルセグチューナーが備わっていること(我が家はテレビっ子)、メモリナビ(予算、そしてHDDナビは信頼性NGの噂が絶えないので)という条件で探して、店頭比較と過去車にオーディオユニットをつけた際の好印象からパイオニア製のメモリーAVナビシステムRakuNaviLite AVIC-MRZ90Gに決めた。
なおフォルクスワーゲンの場合、車との連動性が強いRNS510という純正ナビが定番らしいのだが、Poloにはその設定がなく社外品しか選択の余地がなかった。(11年モデルからは選べるとか??)

社外品なので通販で購入、ディーラーに持ち込んで装着をお願いしたところ快く対応してもらえた。以前自分で取り付けを行ったこともあったが、今回は気力が沸かず。歳か、とほほ。

なにしろ初めてのカーナビなのでナビ機能自体の相対的な良し悪しはまだ判断できないが、当初はルート案内に逆らってばかりでお飾りになるかなと危惧していたのだが、思っていたより便利に使っている。もっとも現時点ではルート案内よりも現在地確認と店舗検索、それに渋滞情報入手を多用している。ルート案内は今後もあまり使わない予感がある。店舗検索は何がすごいかというと検索できる店舗の種類の多さだ。ガソリンスタンドやデニーズ、それに有料駐車場はもちろんのこと、最寄のユニクロまで検索できるのにはちょっと驚いた。(いまどき当たり前なのかもしれないが)この勢いで、いずれはスターバックスも検索対象に加えて欲しいものだ。なおパイオニアのサイト経由でダウンロードされるマップデータはSDカード経由で更新できるようになっている。(これもいまどきのメモリーナビでは常識らしい。)
8GBという本体搭載メモリ容量はHDDナビの40GB超に比べると貧弱で、搭載できる地図データ量も少ない。それはの地図表示画像の荒さやbird eye viewの描画の荒さ(建物は立体描画されず)に現れる。ただ、店舗で見比べると差は顕著であるが慣れてしまえば特に問題ないしナビに影響を与えることはない。どうしてもキレイな地図を表示したかったり立体表示にこだわる人はHDDナビを選んだ方がいい。

とまぁナビ機能について書いたものの、初めてカーナビを使う人がナビを語っても大して参考にならないだろうからもう少し使って勉強するとして、本題はここから。

100902navi.jpg
AVの機能の充実ぶりにとにかくビックリなのだ。
まず地デジがデータ放送に対応していて、ちゃんとデータ放送画面を表示するのだ。また電波の入り具合に応じてフルセグとワンセグをシームレスに自動切換えするのは重宝する。
iPodコネクタを接続することが出来てiPodの再生を行うことができる。iPodの制御は当然カーナビの画面から行うことができる。コネクタをグローブボックスに出してもらったので、これは便利と未使用だったiPod nanoにたんまりと音楽データを入れて、接続した状態でグローブボックスに放り込んでいる。先月まで我が家では現役だった、6連装CDデッキをトランクに搭載していた時代は世の中ではとっくに終わっていたらしい。
想像以上に便利に使っているBluetooth機能も挙げておきたい。AVIC-MRZ90GはAVプロファイルをサポートしているので持ち歩いているiPhoneの音楽再生が可能だ。車に乗り込むと自動的にリンクが樹立して音楽ソースとしてiPhoneを選ぶことが可能になる。iPhoneのコントロールはナビの画面から行うことができ、iPodと同じカテゴリ表示、タイトルリスト表示が可能である。そしてアルバムカバーまでちゃんと表示されるのですよ奥さんっ!無意味にステキ。
MRZ90GのBluetoothはさらにハンドセットプロファイルをサポートしているので、電話通話を車載スピーカーとナビユニットに接続したマイク経由で行うことができるのだ。俗に言うハンズフリー通話ってヤツだが、ピンマイクは屋根の室内灯の裏に配置してもらったので、ヘッドセットもピンマイクも装着しない、完全フリーな状態で通話ができる。
しかもiPhoneのアドレスリスト(連絡先)が画面に表示されるので、ダイヤルもナビ画面から行うことが出来てiPhoneをポケットの中に入れたまま一切の操作を行うことが出来る。この完全ハンズフリー通話は経験なかったのでちょっと近未来チックな新鮮な感覚を味わうことが出来る。ただ掛かってきた電話は車内に丸聞こえなので、電話を掛けてくる際はご注意!?の程。
DVDの再生はもちろんサポートしているのでオーディオ代わりにもっぱらコンサートライブのDVDを再生している。7バンドのイコライザーが付いていて好みの音質も作り放題である。

まだ押していないボタンが幾つもありそうなので当分楽しめそうである。ギミック好きにはたまらないオモチャを車載してしまった。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

Bike Mate Lite/GPS

| コメント(1) | トラックバック(0)

週末久しぶりにサイクリングに出かけた際に、思い立ってiPhone4にインストールしてあったGPS LoggerであるBike Mate Liteを使って行程のログを記録してみた。サイクリングは町田から茅ケ崎方面に境川を下っていく単純な行程を予定していたのだが、諸事情により途中で近道を探しながらのリルートが発生したため、結果的にログを取ってみてよかった。

Bike Mate Liteは1年ほど前にiPhone3Gで使ってみたのだが、当時は品質が悪くアプリケーションがすぐ落ちてしまい、ちょっと触っただけで放置してあった。以来通知されるがままに何度かアップデートを重ねたものの起動させることもなかったのだが、気が付けばバージョンはv3.1まであがっていた。

100823bikemateGPS_1.PNG

さてBIke Mate Liteの印象であるが、名前の通りサイクリングに適したとてもいいGPS Loggerアプリだと思う。いくつかGPSアプリを試してみたが、個人的にはone of the bestと思う。

まず品質が上がったようで、約4時間の行程logを最後まで正常に記録することができた。
当たり前といえばそれまでだが、このソフト自身の以前のバージョンを含めてiPhoneのGPS関連ソフトには不安定なものが少なくないので記載に値する。GPS機能を使うためか使用時のiPhoneの電池消耗は激しいが、それは致し方ないだろう。

ログ記録は中断と再開が簡単にできる。電池消耗を防ぐために休憩時には記録を中断するといいだろう。アプリの画面からカメラを呼び出して、撮影した写真をルートログとマッシュアップすることができる。ボタン類は誤押下を防止するロック機能もついている。
トリップメータ(サイクルコンピュータ)画面、マップ画面、データ管理は簡単に切り替え表示ができる。体重を設定することでカロリー消費まで表示してくれる。

無料アプリであるBike MateLiteの場合、ログはアプリケーションの作成元であるZero One MIA社のZero One Mashupというサービス上でルートマップの形で出力される。アプリ経由で撮影した写真がルートマップ上にサムネール表示される。土曜日のログを出力したマッシュアップを下に表示してみる。


100823bikemateGPS_2.PNG
一方、有料版を入手すると上記マッシュアップ出力に加えて、ルートマップをGPXファイルとしてメール添付でエクスポートできるので、任意のアプリケーションで使用することができる。週末の好結果を受けて早速有料版であるBike Mate GPSを購入して試したところGPXファイルもきちんとエクスポートできた。

waypointの追加等本格的なGPSユニットに及ばない点もあるが、簡単に行程ログを記録するツールとして非常に便利なアプリケーションだと思う。類似品にitrail等存在するので色々試してみるのも面白いだろう。

iPhone4を使い始めてから用途なく放置されてきたiPhone3Gに拡張電池を手当てしたうえでBike Mate GPSを入れて、しばらくGPS Logger専用機として使っていこうと思う。
3G回線は使えないがログ記録自体には影響ない。帰宅後、WiFi経由でデータを転送すればいいし、出先でもWiFiを捕まえられるロケーションで地図データはダウンロードすればいいだろう。GarminのようなGPS機を持っていなかったので、使わなくなったiPhoneがGPS Logger専用機として活用できればこれほどの有効活用はない。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

IODATA RECBOX HVL-AV1.5

| コメント(0) | トラックバック(0)

100726RECBOX1.jpg

「寝室テレビ計画」の一環として、IODATA製のDLNA対応のネットワークハードディスクを購入した。テレビに先立って取り急ぎネットワークハードディスクを購入したのは理由があって。スカパーe2の無料体験に申し込んで視聴していたツール・ド・フランスの録画データがREGZAに繋げた1TBのUSB ハードディスクを満タンにしつつあったので、それを退避させるストレージが急遽必要だったのだ。永久保存コンテンツをコイツに保存していけばUSB HDDも少しは容量を空ける事ができるだろう。

100726RECBOX2.jpg
RECBOXはPC周辺機器としてのNASではなく「ハイビジョンレコーディングハードディスク」というだけあって、見た目もHDDレコーダーライクなAV機器風な筐体である。動作音も静かで起動時以外は殆ど音がしない。セットアップも特に不要で、箱から取り出してLANに接続するだけで、すぐにREGZAから認識された。見た目はテレビの下に納まりそうな外見なのだが、今回はネットワークの特徴を活かして敢えてテレビとは別の部屋に"隠して"みることにした。

テレビ側で認識させてから、早速USB HDDから幾つかのコンテンツをムーブした後に再生させてみた。LAN経由でも途切れることなくきちんとHD映像が再生されてステキな感じだ。ムーブ中にiTunesを再生させてAir Mac Express経由で音声データを出力させてみたが、それが途切れることもなかった。映像再生中にネットワークい負荷を掛けて見たときにどうなるのか興味はあるが、わざわざイジワル試験をやることもないだろう。RECBOXに保存されたコンテンツを探す際に、フォルダを行き来する必要があるあたりがいかにもPC周辺機器っぽい操作でちょっと格好悪いが、それは愛嬌ということで許そう。

もう一点、不覚だったのはVARIDA RD-S303のコンテンツをRECBOXにムーブできないことだ。永久保存コンテンツをRECBOXに集約させるつもりだったのだがそれは適わないらしい。VARDIAに録画したものはDVDに焼くしかないらしい。

それにしても、ちょっと前までは家の中に(しかもPC関係以外で)ストレージを1TB(REGZAに接続したUSB HDD)+320GB(VARDIA)+1.5TB(RECBOX) = 3GTB弱!も用意すると想像もしなかった。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちGadgetsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはFood/Drinkです。

次のカテゴリはInternet (web etc.)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • tyrellp34_150321_2.jpg
  • tyrellp34_150321_1.jpg
  • 2015newyears_img.jpg
  • 141005gopro_snorkel.jpg
  • 141005gopro_car.jpg
  • 141005gopro_cap.jpg
  • 41s1GISUAfL.jpg
  • 140727wirelock2 .jpg
  • 140727wirelock1.jpg
  • 140720golfgti2.jpg

Amazon

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.7