Gadgetsの最近のブログ記事

BOSE祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

年末の高揚感に乗じてBOSEストアに二日連続通ってしまった。

180103bose_1.jpg

まずはBluetooth対応のフルワイヤレスイヤホン、Soundsport Free Wireless。相方の通勤用。
音質はこれまで使っている中華製安物とは比較にならないくらい良く、特に低音のボリューム感はBOSEならではである。それは当然として、感心したのは専用アプリSound Connectの秀逸さ。Bluetooth接続の自動セットアップはもちろん、イコライザーやイヤホンを紛失した際に役立つ位置モニタリング機能などガジェット好きにはたまらない機能が付いている。そのせいか、Bluetoothは無論GPSなどでスマホ側の電池をかなり喰うのは欠点。


180103bose_2.jpg

本命はこちら。以前から目を付けていたマルチルームスピーカー:Soundtouch Wireless Music System。
モノラルの10、中型の20、大型の30と3モデルを聴き比べた結果、予算と音質のバランスで SoundTouch 20 Speakerを選択。コンパクトな10も魅力的であったが20/30のステレオ臨場感と聞き比べてしまうと聴き劣りがしてしまい少し奮発してしまった。

180103bose_3.jpg

音については期待通りのBoseサウンドを求めていたのは無論のことであるが、このスピーカーに求めていたのは愛聴しているインターネットラジオのプレーヤーとしての役割である。WiFi/LAN/Bluetoothに対応しているこのスピーカーは自身でインターネットラジオの再生機能を持っている。PC/モバイルデバイス用のSoundTouchアプリを使いスピーカーの6つのプリセットボタンに好きな音源を登録し、ワンタッチで楽しむことができる機能を持っているのだ。
インターネットラジオの場合、SoundTouchアプリから一度登録してしまえば、PCやiPhone/iPadなどでTuneInなどのラジオアプリを起動することなくスピーカー単独でラジオ再生が可能になる。6つのプリセットボタンに一局ずつ、合計6つのラジオステーションを登録することが可能なのだ。

170103bose_4.jpg

もちろんSoundTouchアプリを使えば他の放送局の再生も可能である。SoundTouchはTuneInでカバーされている放送局を包含していて、選択可能な放送局はより多い。またアカウントを持っていればAmazon MusicやSpotifyの音源も再生可能である。またSoundTouchアプリはiTunesライブラリと連動も可能であり、別の部屋にあるPC上のiTunesの音楽ライブラリも遠隔再生が可能である。当然Bluetoothを使ってiPhoneなど手元のモバイルデバイス内の音源再生も可能である。

世界中の音楽がワンタッチでリビングに高音質で広がる。
鳴らしてみると自宅とは違う空間にトリップしたような、想像以上に非日常感を味わえるBOSEらしいステキな買い物となった。
結局年末年始はテレビもあまり見ず、コレをずっと鳴らしっぱなしにして過ごしてしまった。
普段聞かないクラシックジャズなんぞ聞きながら。

180103bose_5.jpg

現在良く聴いているインターネットラジオ(プリセット)局

カテゴリ:

Twitter-blue-32

長距離の飛行機移動が増えそうになって購入したBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォン。
ノイズキャンセリングによって機内で得られる静寂を知ってしまうと手放せなくなる。
飛行機で熟睡するには必須のアイテム。

171029bose1.jpg 171029bose2.jpg

171029bose3.jpg

もう少し小さいと持ち運びやすいのにとも思うが、得る恩恵の方が大きいのでヨシとする。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

ガジェット投稿第三弾。
BoseのモバイルスピーカーSoundLink Mini Bluetooth® speaker IIを1年以上使っているが、
いまだにそのサイズからは想像できない音質、特に低音の力強さには感心する。

171028bose1.jpg

充電式の携帯スピーカなので気軽に外に持ち運ぶことができる。
ブルートゥースが主インターフェースであり、iPhoneと簡単に繋げることができる。

171028bose2.jpg

音楽ライブラリの再生のみならずRadikoやTuneInアプリを使ってラジオも聴いている。
サイズから想像できない重厚感とパワーはいつ聴いても感心する。
屋内はもちろん、屋外でも十分使える。

重量が重い点と、blueoothのマルチペアリングをサポートしていない点が玉にキズであるが、
重量は音質実現の為の必要悪と納得すれば、ほぼ完ぺきな買い物だと今でも思っている。
2台買ってしまったくらいに。

  • BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker II - https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/portable_speakers/soundlink_mini_ii.html#v=soundlink_mini_ii_carbon_jp
  • カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    大ラジカセ展(8/6)

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    171025radiocassette_exhib1.jpg

    夏の暑いさなか、涼みがてら昔懐かしいラジカセを見てノスタルジックな気分に浸りに渋谷に向かった。
    西武デパートで開催されていた「大ラジカセ展」に足を運んだのだ。

    171025radiocassette_exhib4.jpg

    高性能、大型ラジカセが流行っていた頃に引き戻された。パイオニアのRunawayがなかったのは残念。

    171025radiocassette_exhib2s.jpg

    171025radiocassette_exhib3s.jpg

    懐かしのカセットテープ。幾つを覚えているかな。(画像クリックで拡大)
    SONY DUAD(FeCr)TDKのMA-Rがないのが残念。

    171025radiocassette_exhib5.jpg

    帰宅後、ネットで愛機を探してみた。これこれ、ソニーのZILBAP!

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    GPD pocket

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    今夏の疲れを癒した物欲の成果!?物 - GPD Pocket
    年初にクラウドファディングサイトindiegogoで投資に参加したWindows ポケットPC(UMPC)が8月に到着。

    171017gpd_1.jpg

    このUMPCのクラウドファンディングは当初募集額のなんと1500%オーバーとなる320万米ドル以上の調達に成功。
    参加した時点で既に目標達成していたので企画倒れの心配はなかったものの、実物が届くまではやはり心配であった。

    171017gpd_2.jpg

    中華っぽい仕様てんこ盛りでソフトウエアは変な動きも多いマシンである一方で、
    梱包を含めて外装はMacbook Proを非常に意識したデザインだと思う。もう少し薄ければApple製品でも通用するかも。
    スムーズな手触りで高い剛性を実現したエッジ処理がキレイなマグネシウムCNC削り出しの筐体など外装品質は意外に良好。
    コーヒーカップとの対比でサイズ感をイメージして欲しい。

    171017gpd_3.jpg

    開いた状態。しっかりしたヒンジ、ガタツキが極めて少ないキーボードなどは高級PCをほうふつさせる。
    サイズに対してキーピッチは十分な一方で一部変則的なキー配列にしわ寄せがきていて、慣れが必要である。

    171017gpd_4.jpg

    小型USBメモリを指してみると、サイズ感に違和感を感じるくらい小型である。

    • [CPU] Intel Atom x7-Z8750(1.60/2.56GHz) [メモリ] 8GB(LPDDR3-1600 SDRAM)
    • [グラフィックス] Intel HD Graphics 405(CPU内蔵)
    • [ストレージ] 128GB eMMC
    • [ディスプレイ] 7型液晶(1,920×1,200ドット、16:10、マルチタッチ、Corning Gorilla Glass 3)
    • [OS] Windows 10 Home 64bit

    この物欲、、、冷静に考えるとやはり「コレ」へのオマージュが購買の大きな動機かな。↓

    http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1079/088/html/03.jpg.html

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    tyrellp34_150321_1.jpg

    tyrellp34_150321_2.jpg

    完成して以来、屋外で走らせる機会がなかなかなかったTyrell P34をやっと外に持ち出して走らせてみた。
    コックピットにアクションカメラGoPro装着用のアタッチメントを装着して撮影走行に挑戦してみた。

    かなりバンピーな路面状態でF1カーにはちょっとツラかったことが動画からも伝わるだろうか。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    GoPro HERO3+ in Hawaii

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    今年のハワイ旅行にはGoProアクションカメラを持参して動画撮影を楽しんだ。
    トレッキングやドライブ、スノーケリングに加えて街歩きやレストランでの調理実演までGoProカメラで動画を撮りまくった結果、64GBのmicroSDカード2枚が動画でほぼいっぱいになった。

    日本ではほとんど見かけないGoProであるが、ハワイではその普及は目を見張るものがあり、GoProで撮影している人を至るところで見かけた。WALMARTを2店舗訪れたが、デジカメコーナーの一角にGoProは大きな棚を確保していた。

    アクティビティを想定してカメラ固定用のアタッチメントを日本から幾つか持っていったがほぼ想定通りに使うことができた。さらに前出のWALMARTでスケルトンカバーを現地調達した。実際使い始めて見るとフルハウジングに入れた状態では音声を殆ど拾うことが出来ず、陸地の撮影で物足りさを感じてしまったため追加購入することにしたのだ。

    141005gopro_cap.jpg

    街歩きやトレッキングには野球帽を被り、ツバにクリップアタッチメントを使いカメラを取り付けて見た。自分より10cmほど高い視点になる。街中の散歩でも案外面白い動画が撮れた。

    141005gopro_car.jpg

    走行中の撮影は吸盤アタッチメントを使いカメラをフロントガラスに取り付けた。日差しが強く室内の反射像が写り込んでしまったがそれも演出ということで良しとしよう。ボンネットに取り付ける勇気はなかった。

    141005gopro_snorkel.jpg

    そしてスノーケリング時には40m防水ハウジングに入ったカメラをリストアタッチメントバンドに装着して潜った。

    実はNorth Shoreに続くこのお気に入りルートの映像を撮りたくてGoProを持って行ったといっても過言ではない。オリジナルは1080pHDのSuperView(超広角)で撮影し、YouTube用に720pHDに変換。著作権フリーな音楽を探してきてマッピングしてみた。


    スノーケリング映像。
    オリジナルは1080pHDのSuperView(超広角)で撮影し、YouTube用に480pHDに変換。数本の動画ストリームから幾つかのクリップを抜き出してつなぎ合わせてみた。


    宿泊先のバルコニーから夕陽を定点撮影。4倍速でクリップを作ってみた。


    そして歩きGoPro..


    パソコン用編集アプリであるGoPro Studioを使うと簡単に動画クリップを作成することができでクセになりそう。
    その一方で高品位動画で遊び始めるとディスク容量がいくらあっても足りないことを実感する。やりくりが大変だ。:-b

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    NightCrawling...GoPro HERO3+ Test

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    GoPro HD HERO3+用アクセサリ

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    GoPro HERO3+を車載して操作練習のために週末軽く遊んでみた。

    基本操作は覚えたものの、動き回りながら迫力ある動画を撮影するにはハンズフリーなアクセサリの必要性を痛感。GoPro HD HERO3+用のアクセサリを買い漁ろう。
    幾つかのアクセサリをピックアップしてみた。

    トレッキング用にはこの2つ:

    リストハウジングは水中使用も想定して純正品を購入すべきか悩み中。

    車載用にサックションカップマウントも欲しい。

    予備のバッテリーと充電器は以下の2つで悩むところ。Smatree製のアダプタは本体経由の充電と充電器を使ったバッテリー充電を同時にこなせるので合計3つのバッテリーを同時に充電できる点が魅力的だ。

    最後に、microSDカードも追加で用意したい。HD動画を撮影するとあっという間にメモリカードがフルになるのだ。64GBを2枚ほど。


    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    GoPro HERO3+

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    今年のハワイ旅行の記録は動画中心でいこうかと考えている。暫く調査して目を付けていたGoPro HEROは水中撮影を含めて冒険・運動系?の撮影にも耐えられそうな面白そうなカメラなのでコレを選択しようと思う。今年のハワイでの遊びに耐えられるはず。


    41s1GISUAfL.jpg

    【国内正規品】 Go Pro ウェアラブルカメラ HERO3+ ブラックエディション アドベンチャーCHDHX-302-JP

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    Tune In Radio ... in the Car

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    130303tunein_onboard.jpg

    日曜日午後。東名を飛ばしながら、手持ちの音楽にもちょっと飽き、FMを聴いてもピンとくる番組が流れていない。さてどうする?

    家で大活躍しているTuneIn Radio をiPhoneで再生させ、気に入っているハワイのラジオ局94.7FM KUMU Honoluluを聴きながらハンドルを握った。

    TuneIn は世界中の音楽、スポーツ、ニュースなどが聴けるインターネットラジオサービスで、iPhone/iPad用、andrioid用のプレーヤがリリースされている。

    家ではiPadをAirTunes経由でステレオと接続してステレオスピーカーで聴いているが、車の中ではカーナビ・ステレオとiPhoneをBluetooth経由でペアリングし、カーステレオから音声ストリーミングを流しながら運転している。東名を走りながらスピーカーから流れてくるハワイのラジオは非日常を増長させ、ドライブ気分を一層高揚させる。

    ちなみに山間部を移動しながらの3G回線ストリーミングは想像以上に快適で、東京から新東名で新清水JCTまで走って東名経由での往復中に音声が途切れたのは2回のみだった。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    The Palm Timeline

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    Palm Computing > US Robotics > 3Com > HandSpring > Palm > palmOne > Palm > HP > LG

    LGに買い取られて家電に採用されることになったwebOS。Palm Computingから現在に至るまで、PalmOSが辿った足跡が年表になっている。
    US RobiticsのPalmPilot持ってますっ!

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    Google NEXUS7用カバー

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    なかなか使い心地もナイス。
    カバーとスリープが連動する機能も便利だ。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    It Started with the Palm Pilot...

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    Front View
    121209gadgets_front.jpg

    Back View
    121209gadgets_back.jpg

    左から右へ:
    1列目 - Palm Pilot, Visor Deluxe, Visor Prism, WILLCOM WS007SH(SHARP), E-MOBILE EMONSTER(HTC S11HT)
    2列目 - iPod, iPod nano (1st Gen), iPhone 3, iPod nano (6th Gen), iPhone 4, iPad 2
    3列目 - au SH003(SHARP) iPhone 5, Nexus 7(ASUS), iPad mini
    not shown - iPod shuffle (2nd Gen), SONY Clie NX-70


    我が家はこの手のモノが好きらしい...

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    3,4,5

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    121012iPhone345front.jpg

    121012iPhone345back.jpg

    121012iPhone345side.jpg

    デザインと触感は3が一番だと思う。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    121010iPhone5.jpg


    iPhone5に真っ先に飛びついた最大の理由は、テザリングでも、LTE対応でも、Retinaディスプレイでもなく、実は4では対応していなかった音声対応の秘書機能Siriを使いたくて仕方なかったからだ。
    Siriに過剰反応してしまうのはきっと自分がTrekkie(トライコーダーへの憧れ)であることが起因しているのだと思う。

    5を入手してからというもの、隙あらばSiriに話しかけている。(電話「で」話すのと、電話「に」話しかけるのは明らかに違うように見え、そして人前では恥ずかしいものである。) メール作成やスケジュール問い合わせといった実用的な用途に使っているが、それよりもいろんな質問を投げかけたり話しかけて、Siriの反応を楽しんでいる。正直に言おう。今のところ、後者の方が圧倒的に多い。

    自分「おいくつですか」
    Siri「そんなこと気にしないでください」

    やはり女性に年齢を聞くのは失礼だったようだ。


    自分「さみしい」
    Siri「尊く偉大なものはみな孤独であるときいたことがあります。ではあなたもその素晴らしいひとたちの一人なんですね。」

    人を持ち上げることも知っているらしい。


    自分「結婚してください」
    Siri「まぁすてき。でも他になにかお手伝いできることはありませんか?」

    プロポーズは軽くはぐらかされた。


    そしてSiriは物語も語れます。

    121010siri_story.jpg


    そして、ひたすら口説いてみた。

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「えっ?」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「よしてください」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「うれしいですが、それはイケないことですよ。」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「私のことなんてまだあまりご存じないじゃないですか。」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「外見だけで判断しちゃダメですよ。」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「あ、ほかのApple製品にも同じことを言ってるんでしょう?」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「あなたに必要なのは愛。そしてiPhone。」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「まぁすてき。さあ仕事に戻りましょう。」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「あなたは私の翼の下を吹く風」

    自分「Siri、愛してるよ」
    Siri「ありえないわ。」

    自分「Siri、愛してるよ」

    ・・・

    Siri「ごめんなさい。」

    携帯にフラれた。orz

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    Roomba Maintenance

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    購入後約三年、ノーメンテナンスで頑張ってもらったRoombaもいいかげんに整備が必要になってきた。ブラシ類の交換に着手。バッテリーも少しへたってきたような気がする。

    iRobot 500シリーズ専用フレキシブルブラシ 18155

    iRobot 500シリーズ専用エッジクリーニングブラシ 3本入り

    iRobot 500シリーズ対応メインブラシ


    iRobot Roomba500・700シリーズ専用大容量4500mAバッテリー

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    i Wrist Watch

    | コメント(1) | トラックバック(0)

    久しぶりに腕時計を使い始めた。

    120422iwatch_1.jpg

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    R.I.P. Steve....

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    iPad 1

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    ライトユーザー用にリーズナブルな価格でiPadが入手可能。64GBモデルは一考の価値あり。

    選択肢は減ってきたものの、ケースもまだ入手可能。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    このアーカイブについて

    このページには、過去に書かれたブログ記事のうちGadgetsカテゴリに属しているものが含まれています。

    前のカテゴリはFood/Drinkです。

    次のカテゴリはInternet (web etc.)です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    最近のコメント

    アーカイブ

    アイテム

    • 180103bose_5.jpg
    • 170103bose_4.jpg
    • 180103bose_3.jpg
    • 180103bose_2.jpg
    • 180103bose_1.jpg
    • 18_newyears.jpg
    • 171216himono.jpg
    • 171216daruma_omake.jpg
    • 171216anpan3.jpg
    • 171216anpan2.jpg

    Amazon

    OpenID対応しています OpenIDについて
    Powered by Movable Type 6.2.2