Column@nak


HP EliteDesk 800 G6DM (Corei7)

| コメント(0) | トラックバック(0)

My new main machine replacing the Lenovo Thinkpad T410.
(more to come...)

20210228hpelitedesk1.jpg 20210228hpelitedesk2.jpg

20210228hpelitedesk3.jpg

カテゴリ:

Intel iCore Mini PC

| コメント(0) | トラックバック(0)

210220style_sf11h41_03_d.jpg 210220HPElite.jpg


Investigating a couple of mini desktop computers (iiyama, HP) as a successor to the Thinkpad T410 I've been using for 10 years. Both have become out of stock as I was taking too much time deciding which one to put in the shopping cart. I'm assuming this is due to increased demand by tele-workers looking for tiny PCs to put on tiny desks at tiny Japanese homes. Myself being the typical Japanese with typical Japanese taste and liking for things, I guess these models touch everyone's heartstrings.



p.s.
210220HPElite_status.jpg

カテゴリ:

Luv Soba !

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210206soba.jpg



I've become a soba lover this several years, whereas I'd been choosing udon over soba nine out of ten times in the past. Taste buds must have evolved with age. Getting to know good soba probably is another reason. My preference of taste hasn't changed mostly over the (50 !) years , this being the only exception so far.

#be_happy #be_positive #be_cheerful #soba_ishihara

カテゴリ:

Megahertz X-Jack PCMCIA Modem

| コメント(0) | トラックバック(0)

20210206xjack1.jpg

20210206xjack2.jpg 20210206xjack3.jpg


20years ago, the analog modem PCMCIA card was a necessity on business trips along with the notebook PC.

The Megahertz X-Jack PCMCIA modem with the pop out X-Jack connector was a smart gadget with the connector gimmick (no need to carry the clumsy dongle), and using it fooled you into thinking that you were the sophisticated business traveler. It did actually work well, and was tolerant to low quality telephone lines (which was an important factor in a business trip). I recall upgrading the card from 28.8kbps to 33.6kbps....kbps !

I don't think kids nowadays know about PCMCIA cards, let alone analog modems and dial up connections. Cool stuff from the past.


カテゴリ:

iPhone 6

| コメント(0) | トラックバック(0)

Was Fall 2014 when I got it, so I had been using it for more than 6 years. >iPhone 6


昨晩ピックアップ。

中村 敦さんの投稿 2014年9月28日日曜日

カテゴリ:

iPhone12

| コメント(0) | トラックバック(0)

6 -> 12

iPhone各世代の発売年を詳しく追いかけているわけではないが、ざっくり1年に1世代更新されている印象がある(6世代まではsモデル含めてきっちり年1更新だった。)ので約6年ぶりの新調なはずだ。(*) 3、4、5、6と世代毎に乗り継いできて以来、6をかなり引っ張ってきた。
(*) なぜかiPhone6 を入手した記事を書いておらず、記録がない為購入時期が曖昧。

Apple StoreでSIMロック版(キャリア版)のiPhoneが購入できるのはご存知だろうか?しかも実店舗で購入する場合、8000円の割引が適応される。(2021年1月時点)
今回はキャリア変更なしの機種変更なのでキャリアショップで購入するメリットはあまりない。端末一括購入の場合は即 SIM ロック解除が可能とのことで、総合的に考えて Appleストア実店舗でSIMロック版を購入することにした。時期的に実店舗訪問は躊躇したものの、Apple Storeであれば感染対策も万全だろうという安心感も理由の一つであった。
キュートなスタッフに懇切丁寧な相手をしてもらい、楽しい買い物をして短い時間で品物をゲットできた。マスク越しでも笑顔が素敵だったkasumiさん@Apple Store、どうもありがとう。

20210125iphone_package.jpg

新しい機種はiPhone12 256GB。
Maxは普段使いには大き過ぎると判断し最初から選外。Mini は手に持つサイズ感がしっくりくるが画面が思いの外小さく感じてしまい選択から外した。
Apple 製品は白じゃなきゃと言っていた時代はとっくに昔。本体色はブルーにした。飽きがこない落ち着いたかっこいいブルーが気に入った。合わせて少し燻んだネイビー色の純正シリコン製ケースもゲット。手触りが良く、程よい抵抗感がグリップになってホールド感がナイスである。もちろんMagsafe対応である。勢いで MagSafe 充電器もショッピングカートに投入。

0210125iphone_back.jpg20210125iphone_cover.jpg

ステンレス製フレームを表裏ガラス面でサンドイッチしたフラットなデザインは好感が持てる。iPhone5 の時にも気に入ったデザインだ。見た目もさることながら、エッジが立った端面は持った時の安心感がある。6から幅がサイズアップした今回、ますますその安心感を求めてしまうだろうからこのデザインは良かった。

20210125iphone_system.jpg 20210125iphone_quickstart.jpg

データ移行はクイックスタート機能を使って iPhone 間で直接移行させた。iPhone同士をかざして認識させるとWiFi 経由で旧iPhoneから新iPhoneにデータや設定がほぼ全部自動的にコピーされる。100GBのデータ移行に約40分掛かり、一瞬で終わった Apple Watch のクイックスタートに比べると時間的な感動は少なかった。ただ、全自動かつ写真や音楽データ、アプリや設定、アカウント情報のほぼ全てのデータがほぼ完全に移行された点は感激したと同時に悪用されたら恐ろしい機能だと少々怖くなった。今のところアカウント再設定を要したアプリは銀行系のアプリ1つだけ。SNS、メールのアカウント情報やスタバカードなどのプリペイドカードまで完コピされていた。なお、Apple Watch の連携がが引き継がれなかったのは意外だった。
ちなみにクイックスタートは iOS12.4以降のOS同士で使える機能らしい。自身の旧端末は iOS 12.4.9 が搭載されていてギリセーフだったので助かった。

使い始めてしまえば、それはいつものiPhone。
幅が広くなった分、右手だけの操作が厳しい場面が少し増えて両手操作が増えた。また、今回(自分にとって)新しくなったホームボタンがないユーザーインターフェースは慣れが必要だ。カメラに色々機能が搭載されたようだが、追々試してみるとしよう。スクエアモードがなくなったのは不便。よくも悪しくもそれ以外は感激も混乱もなく、今まで通り使えている。

20210125iphone_main.jpg

20210125widget2.png 20210125widget1.png

iOS14 の特徴と言えば自由配置できて種類も増えた Widgetと App Library。App Library 自体まだ使っていないものの、これがあるせいでホーム画面はかなり整理できた。その分空いたスペースにWidgetを追加して遊んでいる。

今回最大の感激は大幅な処理速度アップだ。
6世代前の端末を騙し騙し使っていた身にすれば、最新機種がサクサク動作する様は感動ものである。このアプリはこんなに速かったんだ、といちいち感動している。ウェブサイトのロードが永遠にかかり、アプリは数回に一回立ち上がらず、数日に一回システムが突然ダウンしてリセットする日々からすれば、快適・天国の一言に尽きる。ストレスからの開放が新調の一番の目的だったので、その点では充分目的達成である。


カテゴリ:



I was scheduled an easy operation with few days in the hospital, which was postponed because of the Covid situation (shortage of beds, risk of nosocomial infection).
Doctors judged that my operation could wait....triage is occurring in normal medical care.

People, please be self-conscious about avoiding the spread of Covid.
Please don't tear down our medical system by selfish behaviors.

カテゴリ:

BlogGariGaiKunFlickr 随時更新中。Audi A4 燃費情報も。

カテゴリ:

Snapshots to start off 2021

| コメント(0) | トラックバック(0)
Snaps to start off 2021 as we head into the second week, and things start moving.



New Years, 2021

カテゴリ:

Happy New Year 2021

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021nenga.png

Happy New Year 2021, the year of the Ox (丑, in kanji). Wishing everyone a peaceful and happy year, staying safe and healthy above all. I hope humanity can overcome all it's challenges wisely and positively. Let's stay happy and move forward.


うちの #お雑煮 #2021 #japanesefood #japanesenewyear #japan

中村 敦さんの投稿 2021年1月1日金曜日

Atsushi Nakamura

カテゴリ:

Year End Soba 2020

| コメント(0) | トラックバック(0)

#newnormal の #年越しそば は #三密 を避け、一日早めに昨日食す。
#yearendsoba , a Japanese tradition. This year, eaten a day before to avoid the crowd.

#soba #sobanoodles #japaneseyearend #japanesefood #japan

2020toshikoshisoba1.jpg 2020toshikoshisoba2.jpg

カテゴリ:

Hit-and -Run

| コメント(0) | トラックバック(0)

20201226A4dent1.jpg 20201226A4dent2.jpg


Hit and run at a parking lot...Not something you'd like to end the year with. :-(
If insurance can't cover it, I hope it covers up decently with compound and touch up paint.



カテゴリ:

Wilson Prostaff 97 V13 (97)

| コメント(0) | トラックバック(0)
厚ラケ仕立てになっている97Lが97と同じフィーリングを再現できているかは少し怪しい。
やはりもう少し重たくヘッドライトな97の方が面は安定しているかもしれない。

先の記事にて想像で書いた Wilson ProStaff v13 97Lと97標準モデル(非L...以降97と記す)の対比は、ストレートに書けば、97あればもっと自分の求めるフィーリングで気持ち良く打てるんじゃないかという期待であった。
310gのUltra Tourを使って肩を痛めた経験から重いラケットへの恐怖心があり当初 v13は97Lを選んだわけであるが、良くも悪しくも97を使ってみたくなる97Lであり、結局 スタンダードな97を一本買うことにした。

20201108prostaff1.jpg 20201108prostaff2.jpg


今回、在庫の中から個体選別に応じてくれるショップのサービスを使い、一番軽くて一番トップライトな個体(重さ310g、バランス314mm、SW 295) を選んだ。Ultra Tourと同重量であるものの、トップライトなバランスが影響してか振った時の重量感は全然違って軽く感じる。これであれば使いこなせそうだ。

打ってみた印象はほぼ予想通り。97Lと97で共通な打球感がありつつ、97Lの方がラケットが硬くてガットでボールを包み込んで弾く感覚が強い。一方97はラケット全体でボールを弾き返す、馴染み深く気持ちいい薄ラケの感覚が体感できて、打球感は明らかに97の方がお気に入り。スライスの伸び(打ちやすさ)やスピンの掛けやすさも97Lと同程度。(97Lが良く出来ているというべき)そしてしっかり振り切れた時のコントロールは97の方が良さげ。

一番の違いは飛び。
ずばり、自分にとっては97はビックリするくらい飛ばないラケットだ。
押し出しをしっかりして振り切れるといい打球が飛ばせるが、良くも悪しくも決して指示した以上にラケットは飛ばしてくれない。個人的にはもう少しアシストが欲しいと思うし、逆にいうとラケットが求める実力を自分が満たせていない気がする。97でスタートして、疲れてきたら97Lに違和感なくスイッチできれば理想的と感じた。

新しいProstaff 97は意識しないとなかなか飛ばないという意味では難しいラケットであるものの、とても気持ちがいいラケットである。97Lでは半信半疑でUltra Tourに戻すべきか悩んでいたが、97を入手してみて迷いが消えた。
このラケットをしばらくメインに使っていこうと思う。

カテゴリ:

Wilson Prostaff 97 V13 (97L)

| コメント(0) | トラックバック(1)

20201024prostaff1.jpg 20201024prostaff2.jpg 20201024prostaff3.jpg

「原点進化」がコンセプトらしい。
Wilson Prostaff が13代目にバージョンアップして、初代 Prostaff で採用されていた赤・黄2本線を復活させた今流行りのネオクラシックデザインで登場。初代を使っていた上に、こういうコンセプト大好きな自分が狙い撃ちされた気分。そりゃ買うしかないでしょ。
現在 Ultra Tour を使っているので性格が違うラケットに逆戻りすることになるが、初代 Prostaff の打球感を再現しているという触れ込みに釣られて使ってみることにした。

弱くなった肘と肩に300gオーバーのラケットを躊躇して、Ultra Tour でそうしたように310gのスタンダードモデルの Prostaff 97 ではなく290gと軽量版の 97L をゲット。ただProstaff は薄ラケの代表なので、厚ラケ仕立てになっている97Lが97と同じフィーリングを再現できているかは少し怪しいと思いつつ。スタンダードモデルが発売日早々に在庫切れだったことも一因。

初打ちの感想は Ultra Tour との比較になってしまうが、とにかくフレームの硬さが印象的。
フレームが硬い分、48ポンドで張ったガットがボールを包んで弾き返す感触。Ultra Tour もボールを捉える感じがあるが、カウンターベールの効果もありラケットのしなりで包む、全く違う感触だ。打球感はとてもダイレクト。スイートスポットを捉えた時のスパーンという気持ちよさは Prostaff らしいが、外した時の不快感もダイレクトで肘に響くのもProstaff。打ち比べると Ultra Tour は肘に優しい分、間接的な打球感であることを認識させられる。
ボレーやスライスが伸びていくのは気持ちがいい。サーブもストロークもスピンが掛けやすかったが、ラケットの効果なのかガットの効果なのかはわからなかった。取り回しも軽くネット周りも反応が遅れることもなし。一方でしっかり振れば球足が長いストロークも打てるのは好印象だった。

難しい点としては、中心を外したストロークで面のブレが大きくラケットが暴れてしまうこと。フレームが硬い上に軽いことがそうさせていると考える。やはりもう少し重たくヘッドライトな97の方が面は安定しているかもしれない。その点、Ultra Tour の方が安定したショットのウィンドウが広い。

気持ちいいが肘には厳しい Prostaff 、優しいUltra Tour。

以下は97(スタンダード)のリンク。一応念のため。

【フェデラー使用シリーズ ウィルソン 2021 プロスタッフ 97 V13.0 G2(315g) WR043811U(海外正規品) 硬式テニスラケット(Wilson Pro Staff 97 V13.0 G2) [並行輸入品]

カテゴリ:


5 years under the sun, and barely any time under a parking roof. My Audi A4 Avant is kept under the sky, no roof. It's s been exposed to rain snow, pollen, as well as powder sand coming from the baseball ground nearby, bird poo, sap and falling leaves from the tree above. I've trusted the glass coating that was done when I initially got the car and haven't done any serious body maintenance except water washing every month. I know I've kept a lot of grime left. So it's 5 years with 60000Km on the odo, and I've decided it's time for a major body coating overhaul.


I knocked on the doors of Keeper LABO, a shop which specializes in body washing and coating. Treated the car to a three layer coating called "W Diamond Keeper" consisting of two glass coating layers and one of resin. Also paid some extra to have my wheels, the engine bay and door sills coated too. I was told at delivery that they had to do a lot of polishing before the coating to get rid of the water stains and grime, which is my fault not doing the washing and drying of the body completely.


Beautiful looking at the refreshed car. I recognized how beautiful and glossy the car was at the beginning. The looks have returned to the original state, including the touch and feel of the smooth body. I also love the plump water drop that's created on the body. I can keep watching them for hours.

20200824A4coating_1.jpg 20200824A4coating_4.jpg
20200824A4coating_2.jpg 20200824A4coating_3.jpg


カテゴリ:


Japan is well known for being the atomic bombed country, but we must also keep in mind that the there was an atomic bomb dropped before Hiroshima and Nagasaki, in the United States.


Few weeks before the bombing in Japan, a nuclear bombing test took place at "Trinity Site", in New Mexico. 40 thousand people living in the vicinity were not informed of the experiment, and took radioactive water and food produced in the area for years, leading to radioactive poisoning.

There are no boundaries between civilian people. "Hibakusha" in Japan and "HIbakusha" the US share the same suffering, pressed against by their own "country": Government Power. Boundaries exist between the countries, which have become entities of their own, not for the people. Boundaries cause conflicts between the countries, and it is the civilians that have to sacrifice.


War....has always become a conflict between government power and its own civilians.
Even now.

About time "countries" acted for it's people. The people want their countries to sign the Nuclear Weapons Convention. Why can't it be signed ?

カテゴリ:


Decided to buy a Kindle PaperWhite for the #stayhome summer vacation which I plan on spending reading. Justifying my purchase since my iPad mini is too old and does not allow installing the Kindle application, and my Asus NEXUS first-gen Android tablet is just too outdated.


20200804kindle1.jpg 20200804kindle2.jpg

20200804kindle3.jpg


カテゴリ:

20200719flexgate.jpg


The backlight of my Apple Macbook Pro 2017 13" went DEAD. I originally purchased this machine as a programming machine, and now is my workhorse for translation work. Didn't drop it or soak it in water, and the system works just fine hooking it up to an external display, all except for the backlight.

My guess was "Flexgate".
This is said to be a design flaw of the backlight flex cable being too short and breaking with repeated opening/closing of the display. Apple initially did not admit this as a flaw until May of 2019 when it launched a repair program for 13-inch ‌MacBook Pro‌ models manufactured in 2016 ONLY. This lead to a class action lawsuit demanding Apple to expand the models eligible for the program to 15"machines and 2017 models as well.

My Apple Care warranty is expired, and Apple tells me I'll be getting a 90k yen check for the fix. A new 2019 Macbook Pro is too much to pay for. Lastly, I can't be be waiting for years till Flexgate reaches a verdict.

I was on the web searching for Macbook repair shops and several of them quoted me around 60K yen for the display renewal. Less than what Apple charges, but still hurts the wallet. Darn.

A more extended search came up with a shop that quoted me 25K yen for a cable fix. They tell me this is a typical issue with Macbook Pros and they have a lot of experience fixing it. Figured this is the best way to go as of now, so I send my machine to this shop via "takkyu-bin".

Now as I am writing this post and about "Flexgate", I get an email from the shop telling me the cause of my machine backlight failure is NOT the flex cable but a defective chip on the main board. They quote me an additional 10K yen for replacing the chip which hurts the wallet, but there's not much else to do it it's what it takes for the fix so I ask them to go ahead with the repair.

It took a couple of days for the shop to return me a message that the repair is finished, with pictures of the broken chip and the fixed machine.

I must say I was lucky to find a shop with a trustful, nice attitude, and reasonable pricing. Nice to have my Macbook Pro back and running, but at the same time need to remind this was an unexpected expense....gotta save up on my coffee and snacks.

20200722macbookpro1.jpg 20200722macbookpro2.jpg 20200722macbookpro3.jpg

カテゴリ:


Find out what the #1 song was on the charts the day you were born on playback.fm. "Mr. Tambourine Man" by the Byrds, in my case. Makes you somewhat happy to learn that the # 1 song on the day you were born is quite a famous one.

While browsing the site, I came across Christopher Cross's debut piece :"Ride Like the Wind". It's a song about a worn out bandit on the run, still more to go till the Mexico border and "riding like the wind" to reach freedom.

Not in the same meaning as intended, but I send myself the words "Ride Like the Wind" on my birthday. At this time of drastic change and new way of life, one who cannot adjust to the changes will not survive.

Ride like the wind, go with the flow, and accept the changes that occur.
Sometimes difficult not being the smart and flexible type, but I need to work on it.
Still a bit to go, but the border is near.

カテゴリ:

Encountered a great tasting Curry Udon at Meguro. (The udon regardless of the curry tastes great too.) Access the link to the Shop's webpage at the bottom of this article for shop location.


20200530konpira_curryudon2.JPG

久しぶりに自分的アタリなカレーうどんに出会う。

JR目黒駅近くの「手打ちうどん こんぴら茶屋」は表から見るとカレーうどんのそぶりも見せない店の佇まいであるが、品書きを見るとカレーうどん全面押しだとすぐわかる。常連が多いようで客の9割がカレーうどんを注文していた。チーズや卵、餅などのトッピングもありつけ麺も用意されている。味は辛口と普通の二種類から選べる。
いつもであれば初めての店では標準的なメニューを選ぶところであるが、今回は気分的に生玉子入り牛かれーうどんチーズトッピング付きを辛口で注文。

本格的な讃岐うどんのお店だけあり、うどんは太くもっちりしていて美味い。カレーは和風出汁少な目でカレーライスのルー並みと言っていいくらい濃厚で麺に良く絡みつく。個人的にはとっても美味しかった。替え玉もあるがライスも注文できるようで、うどんを食した後に追加してカレーライスとして食べるがお勧めらしく魅力的であったが、太目な麺とルーでかなりお腹いっぱいになってしまい断念。

そうそう、テーブルには大好きなとろろ昆布が備わっていたのも良かった。カレーうどんにとろろ昆布は合わないと思いきや、和風出汁が少な目なところを昆布味が補いこれまた美味しい。味の変化を楽しむことができる。またトッピングの餅も気になった。カレーうどんに餅を一度試してみたいものだ。

当然カレーうどん以外のメニューもあり、そちらも美味しそうだった。

20200530konpira_curryudon1.JPG 20200530konpira_curryudon3.JPG

カテゴリ:

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Twitter

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 20210228hpelitedesk3.jpg
  • 20210228hpelitedesk2.jpg
  • 20210228hpelitedesk1.jpg
  • 210220HPElite_status.jpg
  • 210220style_sf11h41_03_d.jpg
  • style_sf11h41_03_d.jpg
  • 210220HPElite.jpg
  • 20210206soba.jpg
  • 20210206xjack2.jpg
  • 20210206xjack3.jpg

Amazon

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.1.4