Computerの最近のブログ記事

20200719flexgate.jpg


The backlight of my Apple Macbook Pro 2017 13" went DEAD. I originally purchased this machine as a programming machine, and now is my workhorse for translation work. Didn't drop it or soak it in water, and the system works just fine hooking it up to an external display, all except for the backlight.

My guess was "Flexgate".
This is said to be a design flaw of the backlight flex cable being too short and breaking with repeated opening/closing of the display. Apple initially did not admit this as a flaw until May of 2019 when it launched a repair program for 13-inch ‌MacBook Pro‌ models manufactured in 2016 ONLY. This lead to a class action lawsuit demanding Apple to expand the models eligible for the program to 15"machines and 2017 models as well.

My Apple Care warranty is expired, and Apple tells me I'll be getting a 90k yen check for the fix. A new 2019 Macbook Pro is too much to pay for. Lastly, I can't be be waiting for years till Flexgate reaches a verdict.

I was on the web searching for Macbook repair shops and several of them quoted me around 60K yen for the display renewal. Less than what Apple charges, but still hurts the wallet. Darn.

A more extended search came up with a shop that quoted me 25K yen for a cable fix. They tell me this is a typical issue with Macbook Pros and they have a lot of experience fixing it. Figured this is the best way to go as of now, so I send my machine to this shop via "takkyu-bin".

Now as I am writing this post and about "Flexgate", I get an email from the shop telling me the cause of my machine backlight failure is NOT the flex cable but a defective chip on the main board. They quote me an additional 10K yen for replacing the chip which hurts the wallet, but there's not much else to do it it's what it takes for the fix so I ask them to go ahead with the repair.

It took a couple of days for the shop to return me a message that the repair is finished, with pictures of the broken chip and the fixed machine.

I must say I was lucky to find a shop with a trustful, nice attitude, and reasonable pricing. Nice to have my Macbook Pro back and running, but at the same time need to remind this was an unexpected expense....gotta save up on my coffee and snacks.

20200722macbookpro1.jpg 20200722macbookpro2.jpg 20200722macbookpro3.jpg

カテゴリ:

telework 2020/05

| コメント(0) | トラックバック(0)



For the record.

Working from home, May 2020.

Since I was fortunate to have a room for my own to setup my tele-work environment, that certainly helped me concentrate on work. It did help in achieving a lot effectively, but it came with some negatives. Since I apparently was so focused and somewhat overly concentrating, the days usually wound up noticing myself completely exhausted. In addition to the work space, I guess that focusing all day on your PC display which is the one and only connection to your team and company drains most of your energy at the end of the day. Controlling yourself, snapping yourself out of the concentration for a break once in a while is important. I actually experienced swollen legs from sitting at the desk all day. Getting away from the displays and going out for a short walk at lunch time also helps a lot.

Lessons learned. A nice experience to actually learn how you can or cannot manage yourself in a tele-work situation.


20200524telework.jpg

カテゴリ:

EOS Webcam Utility Beta

| コメント(0) | トラックバック(0)

200507eoswebcamutility.jpg


Canon USA has released a beta version software 'EOS Webcam Utility Beta' that turns select Canon EOS Cameras into webcams.

Everyone's relying on video calls to stay connected during this #stayhome time, and webcams and video boards are difficult to find even if you're willing to pay. This utility solves that for EOS users.

I've installed the utility on my Win10 UMPC:GPD Pocket that doesn't have an integrated camera, hooked my EOS M6 Mark II to it via USB and it worked just fine on ZOOM.

The image quality is obviously much high compared to the low-res webcam images we've become used to these days, and it's easy to notice at a glance.

Good job Canon.

note: It is a beta version with no support outside of the US. Use it at your own risk.


カテゴリ:

About replacing my broken 10 year old WiFi access point with an 11ac enabled one. Turns out latest features improve my home network user experience. The WiFi band steering feature on the Buffalo access point enables optimal 11ac/11n switching automatically depending on the signal strength needless of any user intervention...cool !


Another unexpected improvement (should have imagined, my oversight) was that the extended signal range in new generation access points enables me to reduce the number of Access points from 3 to 2. (Yes, I needed 3 to cover my small apartment full of walls !) The new access point also uses some technology that pinpoints and aims at the client device in transferring the wireless signal. Wow, technology improvements !


I guess it does make sense to invest in your network infrastructure once in a while.

Amazon Japan:


カテゴリ:

GPD pocket

| コメント(0) | トラックバック(0)

Participated in crowdfunding for a UMPC....ultra mobile PC on indegogo.
What arrived in August, is the GPD Pocket which is a Windows 10 ultra mini size note PC, very much looking like a mini Macbook lol
The design and quality actually is very similar to the Macbook Air except for it's size.
The keyboard has it's side effects do to the sizing....the key pitch itself is pretty spacious but the odd key layout (to fit the keys all in) requires getting used to.
It would have been the ideal device if it had internal cell modem for internet connection.
However, that's about the only two drawbacks with this little gadget.

Overall, a nice interim PDA till I find myself my next iPad ! lol

(pics below)


今夏の疲れを癒した物欲の成果!?物 - GPD Pocket
年初にクラウドファディングサイトindiegogoで投資に参加したWindows ポケットPC(UMPC)が8月に到着。

171017gpd_1.jpg

このUMPCのクラウドファンディングは当初募集額のなんと1500%オーバーとなる320万米ドル以上の調達に成功。
参加した時点で既に目標達成していたので企画倒れの心配はなかったものの、実物が届くまではやはり心配であった。

171017gpd_2.jpg

中華っぽい仕様てんこ盛りでソフトウエアは変な動きも多いマシンである一方で、
梱包を含めて外装はMacbook Proを非常に意識したデザインだと思う。もう少し薄ければApple製品でも通用するかも。
スムーズな手触りで高い剛性を実現したエッジ処理がキレイなマグネシウムCNC削り出しの筐体など外装品質は意外に良好。
コーヒーカップとの対比でサイズ感をイメージして欲しい。

171017gpd_3.jpg

開いた状態。しっかりしたヒンジ、ガタツキが極めて少ないキーボードなどは高級PCをほうふつさせる。
サイズに対してキーピッチは十分な一方で一部変則的なキー配列にしわ寄せがきていて、慣れが必要である。

171017gpd_4.jpg

小型USBメモリを指してみると、サイズ感に違和感を感じるくらい小型である。

  • [CPU] Intel Atom x7-Z8750(1.60/2.56GHz) [メモリ] 8GB(LPDDR3-1600 SDRAM)
  • [グラフィックス] Intel HD Graphics 405(CPU内蔵)
  • [ストレージ] 128GB eMMC
  • [ディスプレイ] 7型液晶(1,920×1,200ドット、16:10、マルチタッチ、Corning Gorilla Glass 3)
  • [OS] Windows 10 Home 64bit

この物欲、、、冷静に考えるとやはり「コレ」へのオマージュが購買の大きな動機かな。↓

http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1079/088/html/03.jpg.html

カテゴリ:

Mac MiniのiTunesサーバー化

| コメント(0) | トラックバック(0)

登場後すぐに買ったMac Miniの初代モデルは数年前まで日常的に使っていたのだが、最近はOSXがPowerPCをサポートしなくなりCPUも非力になり、年に一度住所録を引っ張り出して年賀状の宛名を印刷するためのマシンと化していた。夏場に代わりとなる東芝のWindowsノートPCを入手して、いよいよ使う場面がなくなったMac Miniをあっさり破棄するのはちょっと勿体無い。

そこで音楽データを貯め込んでおくiTunesサーバーとしてもうしばらく働いてもらうことにした。

もともと家にあるCDはほぼ全数リッピングしてMac Miniのハードディスクに取り込んであったこともあってデータは既に準備完了しているに等しい。もはや作業用には使用しないのでiTunes以外の余分なソフトウエアは削除してディスクスペースを空けるとともに本体もパソコン作業スペースからAVラックに移動し、その他の準備として以下を行った。

131020macmini1.jpg



  • iTunesのホームシェアリングをON設定して、他のPCからiTunesデータをアクセス可能に

  • iTunesをシステムブート時に自動起動するよう設定

  • リモートメンテナンスの為にTeamViewerをインストールして設定

  • ディスプレイ、キーボードの取り外し

  • 緊急メンテナンス用にDVI/HDMIケーブルでテレビにディスプレイ接続

131020macmini3.jpg

Mac Miniの音楽データをiTunesホームシェアリングし、2台のリモートPCから再生。
iTunesのPPC版最終バージョンではiPhoneやiPadからホームシェアリングが使えない点が残念だが、TeamViewerを使ってiPadから直接Mac Miniを操作することは可能だ。iTunes再生はいつも使っているAir Mac Expressでステレオ出力できるというわけだ。

いい感じ。


カテゴリ:

lenovo ThinkPad Edge E430

| コメント(0) | トラックバック(0)

母のWindowXP機がついに寿命を迎え、ノートパソコンを買い替えることに。一通り調査した結果、やはりThinkpadを選択。


lenovo ThinkPad Edge E430:Core i5/メモリ8GB/液晶光沢あり/ブラック/ Win7Home,Officeなし

カテゴリ:

R.I.P. Steve....

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

Thinkpad T410

| コメント(0) | トラックバック(0)

110122thinkpadT410_s.jpg
年末にノートパソコンを新調。
これまで脇目も振らずThinkpadを選んできたが、今回はPanasonicやDELL、HPなど他社機も検討候補に加えた。しかし思い返してみると真剣に比較検討していたわけではなく、最初からThinkpadに決めていた気がする。
デスクトップパソコンを廃棄したのでメインコンピュータとなるマシンに選んだモデルはこれまで愛用していた小型軽量のXシリースではなく、機能が充実したTシリーズだ。ただしスペースの制限もあり中型画面のT410を選択。これで我がThinkpad歴は230Cs->530Cs->(535->)X20->(X21->)X31->(X301->)T410と続く。

Lenovo Online Shopから注文したマシンのスペックは以下の通り。



  • ThinkPad T410 CTO

  • CPU : Intel Core i7-620M プロセッサー

  • (2.66GHz/ターボブースト利用時の最大周波数3.33GHz, 4MBL3, 1066MHz)

  • OS : Windows 7 Professional 64 正規版

  • Display : 14.1型液晶 WXGA+ LEDバックライト

  • Graphics : NVIDIA NVS 3100M Optimus グラフィックス (512MB), AMT対応

  • Modem : AMoM

  • Memory : 8GB PC3-10600 DDR3 (2スロット使用)

  • Camera : 内蔵カメラ・モジュール 2.0メガピクセル

  • HDD : 500GB ハード・ディスク・ドライブ, 7200rpm

  • DVD : スーパーマルチ, ウルトラベイ・スリム

  • I/O : SmartCard Slot, eSATA, SDCard SlotUSB2.0, ExpressCard slot, IEEE1394

  • Bluetooth : 内蔵Bluetooth

  • WLAN : Intel Centrino Advanced-N 6200


当然Docking Stationも同時購入。

  • Dock : Thinkpad MiniDock Plus Series3

カテゴリ:

Thinkpad X301

| コメント(0) | トラックバック(0)

100404thinkpad.jpg

先日、海外出張の際に持参するノートパソコンを新調してもらった。あてがわれたのがLenovo Thinkpad X301。実はLenovo製になってから初めて使うThinkpadなのだ。IBM時代に比べて"Thinkpad"の雰囲気や操作感が変わっているのか(いないのか)興味を持ちつつ、約三週間使ってみての印象を記す。

一番興味があったのはキーボードのタッチだったのだが、これは従来のThinkpad、少なくとも自宅で使用しているX31とはとあまり変わらない印象を受けた。少しキーストロークが浅くなったような気もするが、カチャカチャというよりどちらかというとペタペタというキー押下時の感触は変わっていないのに安心した。Windowsキーをはじめ余分なファンクションキーが幾つか増えてキー配置は少し窮屈になった気がする。

Thinkpadのアイデンティティであるトラックポイントは慣れているせいか使いやすい一方で、手前にあるタッチパッドがとても邪魔。トラックポイントのクリックキーの直下にパッドが位置しているためにすぐ触ってしまう。機械を入手後、真っ先にタッチパッドはオフにしてしまった。(どうやらタッチパッドなしのモデルもあるらしい。)

PCカードスロットはもう古いのだろうか?Xシリーズの中でもX301は特に薄さと軽量化をウリにしているみたいだが、ノートPCでPCカードスロットが搭載されていないのは不便。フラッシュカードを愛用している身にとってローカル環境でのデータのやり取りに困る。そんな本体の割り切りをおこなっている割にはドッキングステーションには対応していないのも割り切り過ぎな気がする。IBM時代のultra portable 500シリーズを彷彿させるが、付属機器で本体機能を補完しないのであれば、もう少し筐体は厚くてもいいからカードスロットなどの機能を外してほしくなかった。

一方で、IBM製のX20のころから搭載されているキーボードライトはX301でも継続搭載されている。マニアックな機能なので継続搭載は意外だったが、機内など暗闇での使用などでは重宝しているので嬉しかった。

IBMからLenovoになっても本体周りの品質はあまり見劣りしていさそうだ。一方、ACアダプタやプラグ周りは品質的は問題ないのだろうがプラグがカラーコーディネートされていないなど、Thinkpadらしさが薄れていてちょっとがっかり。ただ外装の塗装感(触感)は従来どおりで安心。

ソフトウエアもずいぶんThinkpad色が薄れている印象を受けた。ネットワークプロファイルユーティリティであるAccess Connectionsは健在しているものの、その他のユーティリティは汎用化されている。(DVDライターなど)

Lenovo Thinkpadの開発はIBM時代の開発メンバーが引き継いでいるそうだが、そのせいもあってThinkpadの雰囲気と安心感はあまり変わっていないように思う。SSD搭載機ゆえのディスクの不穏な音発生がない点や先入観を差し引いても出来はいいと思う。Lenovo→中国メーカー→品質低下、という逆の先入観もあったがいい意味で裏切られた。
まぁなんであれ、(自分にとって)Thinkpadが引き続き安心感を感じることができるブランドであって良かった。LenovoがIBMからThinkpadを買い取って5年が経過する。IBMがLenovo PCのプリファードサプライヤーとなる契約期間が今年expireする。IBMの掛かる息が薄くなってきても、是非Thinkpad Quality=「Thinkpadの安心感」は保って欲しいものである。

カテゴリ:

最近身の回りでtwitterユーザーが一気に増えたことから飛ぶ鳥を落とす勢いの鳥いやTwitterかと思いきや、やっぱりFacebook強しなんですね。ユニークビジターを示した表を見るとtwitterが(すでに?)飽和気味なのが興味深い。

technorati.jpってサービス終了するのですね。taggingを世に広めた役者の一人だったと思いますが、御役御免という感じでしょうか。親会社のデジタルガレージは、日本でTwitter事業展開をやっているので、そっちに注力ということなのか。

えーっ、そんなぁ社長!Vistaよりずっと速いって言うんだから、もっと自信持ってくださいよ。それとも....違うの??確かにここにきて「Vistaより速い」というのは実は64bit版だけの話だ等々色々囁かれていますな。

Macを所有する人はWindowsPCを含めて多くの電子機器を持っていて、Macオーナーは所得が高い傾向にあるという調査報告があった。違う視点で見ると、WindowsPCユーザーから乗り換えようとした多くの新MacユーザーがWindowsPCを捨て切れなかったという可能性もある。たとえばアメリカ人にとって大事なTaxReturn用のソフトはWindows版しかないのかもしれないね。年賀状ソフトの多くはWindows版しか用意されていないのは事実。Macは増え続けているがWindowsを置き換えているわけではなくいということ。また、Macは趣味性が高いので、ガジェット所有率が増えるのも不思議ではないね。ちなみにうちはWindowsPC→iPod→Mac→iPhoneの順番で増殖していった、まさにこの調査結果に当てはまる例。

カテゴリ:

WLANタダ

| コメント(0) | トラックバック(0)

カフェも空港も、飛び込み(契約なし)でネットワークが使える便利さを実感。

カテゴリ:

Thnkpad Air !? - Thinkpad X300

| コメント(0) | トラックバック(0)

思い切った割り切りが長所(魅力)でも短所でもあるMacBook Airで削られた点が全て入っているUltraThin Thinkpadが登場との噂。Thinkpad好きにはHow tempting !

続報 : 正式発表だそうです。

カテゴリ:

カテゴリ:

050722thikpad1.jpg 050722thikpad2.jpg
コスト(時価)パフォーマンスを"Think"した結果、先週IBM Thinkpad X32 and ウルトラベースX3をゲット。角の斜め切り落としが特徴的だね。

カテゴリ:

OS/2終了

| トラックバック(0)

CNET Japan : 「OS/2の歴史に幕--IBM、2005年末で販売打ち切りに 」

OS/2の販売が年末で打ち切られるとの事。また一つOSが終焉を迎えることでコンピュータOSはいよいよWindows、OS XとLinuxに淘汰されてしまってきた。次はどれなのだろう。Windowsでは実現できていない真のマルチタスキングOSとしてOS/2 Warpが華々しく売り出された当初、Thinkpadに入れて使っていた時期がある。OSそのもので遊べていたうちは良かったのだが、用途としてはその域を出なかった。やはり絶対的なアプリケーション不足このOSの致命傷と思う。その後Windows95が出てきた時にあっさりWindowsにスイッチしてしまった。IBM自身がオフィスソフト等OS/2対応アプリケーションを自ら出して"使える"OSにしていたら果たしてどうなっていただろう。当時はIBM系パソコン通信プロバイダーPeopleにも入会して随分IBMに傾倒していたのを記事を読みながら懐かしく思い出した。

カテゴリ:

Thinkpad

| トラックバック(0)

突然だが...Thinkpad X31(1.7GHz)とX32(1.6GHz)、どっちがいいのだろう。
情報またはアドバイス求む。なせかX32の方が消費電力高い!?

カテゴリ:

一週間前にFFTHが開通した。
共有部分にMDFが設置後、web経由で申し込んで1週間で開通したことになる。ADSL開通に2週間かかった事を考えると早い対応だ。開通工事当日は(集合住宅の場合)立ち会う必要もなく、VSDLモデムは宅配ボックスに入れておいてもらったので工事当日から使用開始可能だった。IODATAの新しい802.11g対応の無線LANルーターはADSL環境下であらかじめ設定しておいたので、モデムを入れ替える以外のネットワーク変更もなく、すんなり光ファイバー環境に移行できた。
さて光ファイバのスピードであるが、1週間遅れで記事を書いていることから察してもらえるように、残念ながら劇的に速くなったといった「事件」は起きなかった。webページの表示とダウンロードが若干早くなった程度である。speed.rbbtoday.comで通信速度を測定してみたところ、
Mac Miniでは14MB/Secという数値が出たものの、WindowsPCでは4MB/secとおおよそ光ファイバーらしからぬ結果が出てしまった。orz (ちなみにADSLの時は2MB/s程度)ADSLの時には問題なかった宅内のネットワーク性能がブロードバンドの帯域が広がったとたんにボトルネックとして顕在化したらしい。やはり11bで使っている無線LANとWindows PCのスペック不足を解消しないとダメかな。(MacMiniは無線LANに11gを搭載しているが、宅内全体としてg/b混在モードになってしているのでスループットは落ちてしまっているはず。)

カテゴリ:

11g対応アクセスポイント

| トラックバック(0)

B0006VNEXI.09._SCTHUMBZZZ_.jpg
I-O DATA WN-G54/R2 IEEE802.11g/b 無線LANルーター

やっと我が家にも光ファイバーが導入できる準備が整いMDF(共有部)装置の設置が完了したので早速TEPCO光に申し込んだ。既存プロバイダの契約を残したかったのと対応が早かったのが決め手だ。ところで今までADSLモデムのルーター機能を使い、無線LANアクセスポイントは単なるブリッジとして使ってきたが、VDSLモデムへの変更に伴いPPPoEに対応した無線LANルーターを導入したい。IO DATA WN-G54/R2が小さくて良さそうである。スループットが低いが値段も低いので割り切ることにしよう。

カテゴリ:

Libretto !

| トラックバック(0)

懐かしいノートパソコンの名前が久しぶりに復活した模様。
初代のLibretto 20はそれまでにない小サイズからかなりインパクトがあったが、新モデルはA5サイズとの事で、サイズ的には最小でも最軽量でもないようだ。もっともサイズの割には機能がてんこ盛りな模様。

PC Watch : 東芝、3年ぶりに「Libretto」シリーズを一新~高画質化機能搭載などでAVを重視

カテゴリ:

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちComputerカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBooksです。

次のカテゴリはDaily Lifeです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 20200722macbookpro3.jpg
  • 20200722macbookpro2.jpg
  • 20200722macbookpro1.jpg
  • 20200719flexgate.jpg
  • 20200530konpira_curryudon2.JPG
  • 20200530konpira_curryudon1.JPG
  • 20200530konpira_curryudon3.JPG
  • 20200524telework.jpg
  • 20200524rixen5.jpg
  • 20200524rixen4.jpg

Amazon

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.1.4