November 8, 2020

Wilson Prostaff 97 V13 (97)

Sports , Tennis
厚ラケ仕立てになっている97Lが97と同じフィーリングを再現できているかは少し怪しい。
やはりもう少し重たくヘッドライトな97の方が面は安定しているかもしれない。

先の記事にて想像で書いた Wilson ProStaff v13 97Lと97標準モデル(非L...以降97と記す)の対比は、ストレートに書けば、97あればもっと自分の求めるフィーリングで気持ち良く打てるんじゃないかという期待であった。
310gのUltra Tourを使って肩を痛めた経験から重いラケットへの恐怖心があり当初 v13は97Lを選んだわけであるが、良くも悪しくも97を使ってみたくなる97Lであり、結局 スタンダードな97を一本買うことにした。

20201108prostaff1.jpg 20201108prostaff2.jpg


今回、在庫の中から個体選別に応じてくれるショップのサービスを使い、一番軽くて一番トップライトな個体(重さ310g、バランス314mm、SW 295) を選んだ。Ultra Tourと同重量であるものの、トップライトなバランスが影響してか振った時の重量感は全然違って軽く感じる。これであれば使いこなせそうだ。

打ってみた印象はほぼ予想通り。97Lと97で共通な打球感がありつつ、97Lの方がラケットが硬くてガットでボールを包み込んで弾く感覚が強い。一方97はラケット全体でボールを弾き返す、馴染み深く気持ちいい薄ラケの感覚が体感できて、打球感は明らかに97の方がお気に入り。スライスの伸び(打ちやすさ)やスピンの掛けやすさも97Lと同程度。(97Lが良く出来ているというべき)そしてしっかり振り切れた時のコントロールは97の方が良さげ。

一番の違いは飛び。
ずばり、自分にとっては97はビックリするくらい飛ばないラケットだ。
押し出しをしっかりして振り切れるといい打球が飛ばせるが、良くも悪しくも決して指示した以上にラケットは飛ばしてくれない。個人的にはもう少しアシストが欲しいと思うし、逆にいうとラケットが求める実力を自分が満たせていない気がする。97でスタートして、疲れてきたら97Lに違和感なくスイッチできれば理想的と感じた。

新しいProstaff 97は意識しないとなかなか飛ばないという意味では難しいラケットであるものの、とても気持ちがいいラケットである。97Lでは半信半疑でUltra Tourに戻すべきか悩んでいたが、97を入手してみて迷いが消えた。
このラケットをしばらくメインに使っていこうと思う。


Weblog : Column@nak
Category : , | | Comments (0) | Trackback (0)

October 24, 2020

Wilson Prostaff 97 V13 (97L)

Sports , Tennis

20201024prostaff1.jpg 20201024prostaff2.jpg 20201024prostaff3.jpg

「原点進化」がコンセプトらしい。
Wilson Prostaff が13代目にバージョンアップして、初代 Prostaff で採用されていた赤・黄2本線を復活させた今流行りのネオクラシックデザインで登場。初代を使っていた上に、こういうコンセプト大好きな自分が狙い撃ちされた気分。そりゃ買うしかないでしょ。
現在 Ultra Tour を使っているので性格が違うラケットに逆戻りすることになるが、初代 Prostaff の打球感を再現しているという触れ込みに釣られて使ってみることにした。

弱くなった肘と肩に300gオーバーのラケットを躊躇して、Ultra Tour でそうしたように310gのスタンダードモデルの Prostaff 97 ではなく290gと軽量版の 97L をゲット。ただProstaff は薄ラケの代表なので、厚ラケ仕立てになっている97Lが97と同じフィーリングを再現できているかは少し怪しいと思いつつ。スタンダードモデルが発売日早々に在庫切れだったことも一因。

初打ちの感想は Ultra Tour との比較になってしまうが、とにかくフレームの硬さが印象的。
フレームが硬い分、48ポンドで張ったガットがボールを包んで弾き返す感触。Ultra Tour もボールを捉える感じがあるが、カウンターベールの効果もありラケットのしなりで包む、全く違う感触だ。打球感はとてもダイレクト。スイートスポットを捉えた時のスパーンという気持ちよさは Prostaff らしいが、外した時の不快感もダイレクトで肘に響くのもProstaff。打ち比べると Ultra Tour は肘に優しい分、間接的な打球感であることを認識させられる。
ボレーやスライスが伸びていくのは気持ちがいい。サーブもストロークもスピンが掛けやすかったが、ラケットの効果なのかガットの効果なのかはわからなかった。取り回しも軽くネット周りも反応が遅れることもなし。一方でしっかり振れば球足が長いストロークも打てるのは好印象だった。

難しい点としては、中心を外したストロークで面のブレが大きくラケットが暴れてしまうこと。フレームが硬い上に軽いことがそうさせていると考える。やはりもう少し重たくヘッドライトな97の方が面は安定しているかもしれない。その点、Ultra Tour の方が安定したショットのウィンドウが広い。

気持ちいいが肘には厳しい Prostaff 、優しいUltra Tour。

以下は97(スタンダード)のリンク。一応念のため。

【フェデラー使用シリーズ ウィルソン 2021 プロスタッフ 97 V13.0 G2(315g) WR043811U(海外正規品) 硬式テニスラケット(Wilson Pro Staff 97 V13.0 G2) [並行輸入品]


Weblog : Column@nak
Category : , | | Comments (0) | Trackback (0)

August 24, 2020

5年目のコーティング - A4 Avant / 5th Year Coating - A4 Avant

Automobile


5 years under the sun, and barely any time under a parking roof. My Audi A4 Avant is kept under the sky, no roof. It's s been exposed to rain snow, pollen, as well as powder sand coming from the baseball ground nearby, bird poo, sap and falling leaves from the tree above. I've trusted the glass coating that was done when I initially got the car and haven't done any serious body maintenance except water washing every month. I know I've kept a lot of grime left. So it's 5 years with 60000Km on the odo, and I've decided it's time for a major body coating overhaul.


I knocked on the doors of Keeper LABO, a shop which specializes in body washing and coating. Treated the car to a three layer coating called "W Diamond Keeper" consisting of two glass coating layers and one of resin. Also paid some extra to have my wheels, the engine bay and door sills coated too. I was told at delivery that they had to do a lot of polishing before the coating to get rid of the water stains and grime, which is my fault not doing the washing and drying of the body completely.


Beautiful looking at the refreshed car. I recognized how beautiful and glossy the car was at the beginning. The looks have returned to the original state, including the touch and feel of the smooth body. I also love the plump water drop that's created on the body. I can keep watching them for hours.

20200824A4coating_1.jpg 20200824A4coating_4.jpg
20200824A4coating_2.jpg 20200824A4coating_3.jpg



Weblog : Column@nak
Category :
Posted by: @nak(あ) Date: 08/24,2020 7:50 PM | | Comments (0) | Trackback (0)

August 9, 2020

Hiroshima, Nagasaki, and Trinity Site

Thinking Out Loud

Japan is well known for being the atomic bombed country, but we must also keep in mind that the there was an atomic bomb dropped before Hiroshima and Nagasaki, in the United States.


Few weeks before the bombing in Japan, a nuclear bombing test took place at "Trinity Site", in New Mexico. 40 thousand people living in the vicinity were not informed of the experiment, and took radioactive water and food produced in the area for years, leading to radioactive poisoning.

There are no boundaries between civilian people. "Hibakusha" in Japan and "HIbakusha" the US share the same suffering, pressed against by their own "country": Government Power. Boundaries exist between the countries, which have become entities of their own, not for the people. Boundaries cause conflicts between the countries, and it is the civilians that have to sacrifice.


War....has always become a conflict between government power and its own civilians.
Even now.

About time "countries" acted for it's people. The people want their countries to sign the Nuclear Weapons Convention. Why can't it be signed ?


Weblog : Column@nak
Category :
Posted by: @nak(あ) Date: 08/09,2020 10:23 AM | | Comments (0) | Trackback (0)

August 2, 2020

読書の夏に備える / Preparing for Summer Reading

Books , Gadgets


Decided to buy a Kindle PaperWhite for the #stayhome summer vacation which I plan on spending reading. Justifying my purchase since my iPad mini is too old and does not allow installing the Kindle application, and my Asus NEXUS first-gen Android tablet is just too outdated.


20200804kindle1.jpg 20200804kindle2.jpg

20200804kindle3.jpg



Weblog : Column@nak
Category : , | | Comments (0) | Trackback (0)