Column@nak


BLACK FRIDAY 2022

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年のBLACK FRIDAYに比べると全くと言っていいほど今のところ物欲が湧かない。いいのか?いいのだろう。

カテゴリ:

2022 Nov 15 : Covid-19 Vaccine #5

| コメント(0) | トラックバック(0)

Pfizer Covid-19 Vaccine (BA.4,5) 5th shot:
No relevant fever, dull pain on the upper arm and slight fatigue and sleepiness the day of vaccination.
Chills while sleeping, fatigue, fever-ish symptoms and actual slight fever (37.1degC) the next morning.

カテゴリ:

20221112platplaceashigara1.jpg

夕日を受ける富士山のシルエットを眺めながら東名を走る。

20221112platplaceashigara2.jpg 20221112platplaceashigara3.jpg

足柄スマートインターで高速を降りてぷらっとパーク足柄(上り)に到着後、まずはSA併設の温泉「時の栖」で入浴してから「いでぼく」のジャージーソフトクリームで身体を涼めたのちに、「こめらく 海鮮茶漬けとおむすびと」で夕食に「みょうが香るごま鯖とあじのたたきごはん」を食す。自炊はせず場所の恩恵をフルに被る。

20221112platplaceashigara4.jpg 20221112platplaceashigara5.jpg

車内に戻りテレビを少し見ていたら睡魔に襲われ、早々に就寝。
毛布だけでは夜間はもう寒く、FFヒーターの有り難みを感じた一泊。

20221112platplaceashigara6.jpg 20221112platplaceashigara7.jpg

起床時には顔を見せていた富士は10分後には傘を被って晴れのち雨の天気予報通りな姿を見せていた。

カテゴリ:

Autumn Scenes, 2022

| コメント(0) | トラックバック(0)
Autumn, 2022

カテゴリ:

IH/Microwave

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年秋時点で、車中泊時の調理はガスバーナーとガスコンロの火器を使っている。電気ケトルは持っているものの出番は少なく非常用の位置づけになっている。
せっかく1200W級(1600W/1260Wh)の携帯電源があるのだから、バーナーを使った車内での湯沸かしから一歩前進したいところで、バーナーとセットで使えるクッキングヒーターと調理器具を探してみる。

IHコンロとやサンドイッチメーカーであれば持っていても損はないが、電子レンジを搭載するとなるとそれなりの覚悟(とスペース確保)が必要になる。自炊派の道を突き進むのか、絶メシロードばりのご当地グルメ探訪の道を歩むのか。車中泊旅の方向性を問われている気が(勝手に)する。

カテゴリ:

NV200には純正のクルーズコントロールが付かない。これは高速道路を長距離走る旅車にとって快適性の面で少々ツライ。何ともしがたいものかと諦めていたが、調べてみるとクルーズコントロールは後付けができることを知る。少しでもストレスフリーな旅をしたく、リーズナブルな後付け用クルーズコントロールを探してみた。

pivot3driveac2_spec-img.jpg
PIVOT 3-drive AC2

安全にもかかわる装置なので信頼がおけるものを選びたいと考えていたところ、いくつかある選択肢の中でPIVOT社の3-drive AC2という日本製のスロットルコントローラ/クルーズコントロールが見つかった。日産NV200にも対応しているようだ。

221014cruisecont_setup1.jpg

本体はステアリングコラムの上部に設置。

221014cruisecont_setup2.jpg

本体の近撮。サイズは小さい。

221014cruisecont_setup3.jpg

クルーズコントロール用のレバースイッチはコラムカバーに装着。

221014cruisecont_setup.jpg

取り付け作業(依頼)中。

基本的な動作確認は一般道で行い、念願のクルーズコントロールを確認することができた。平坦地ではスムーズであるが、NV200が馬力もトルクも貧弱なせいで上り坂ではキックダウンが頻発し走りがギクシャクしてしまう。(減速後の設定速度への)再加速はレベル調整ができるようなので、スロットルコントロールと合わせて今後少しずつ遊んでみたいと思う。

追伸:高速道路を約200Kmほど走行し、その大半でクルーズコントロールを使ってみた。疲労度は格段に軽減された印象があり効果絶大である。またスロットルコントロールをエコモードに設定してアクセルレスポンスを少し鈍くしてみたところ、加速時のピッチが和らいで乗り心地が快適になった気がする。(要は自分がアクセル踏み過ぎだったということ。)


カテゴリ:

夜に出発し、久しぶりに常磐道を走り茨城方面に。友部サービスエリアで力尽き朝まで車中泊とする。
明朝起きて周りを見渡すとスーパーカー達に囲まれてて場違い感100%。(苦笑)

20221008kasama1.jpg 20221008kasama2.jpg

20221008kasama3.jpg 20221008kasama4.jpg

現存する海軍航空隊司令部庁舎である筑波海軍航空隊記念館(https://p-ibaraki.com/)を見学。

20221008kasama5.jpg 20221008kasama6a.jpg

20221008kasama6b.jpg 20221008kasama6c.jpg

道の駅笠間は駐車場が満車で周辺道路は大渋滞。
栗の最盛期ということで「1mmモンブラン」を求める人でごった返していた。
当方は栗ソフトを食べて早々に退散し、近くの直売所で焼き栗をゲット。

20221008kasama8.jpg 20221008kasama9.jpg

20221008kasama10.jpg 20221008kasama11.jpg

霞ヶ浦の湖畔で心地よい風を浴びながら遅い昼食を食す。

20221008kasama12.jpg 20221008kasama14.jpg

20221008kasama13.jpg 20221008kasama15.jpg

カテゴリ:

A4 80000Km and Going...

| コメント(0) | トラックバック(0)

20220927A4_80000km.jpg

7年で80000Kmを刻んだAudi A4 Avant. 大きな故障もなく快調に動いてくれている。
角が取れてきたせいか、新車時よりむしろ乗り心地は優しくなっている気がする。
青空駐車であるが、ボディーコーティングをメンテナンスすれば(細かい傷も多いが)まだまだ艶っぽくなる。

カテゴリ:

NV200 Camper Upgrades, Summer 2022

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

'2022 Summer Road Trip

| コメント(0) | トラックバック(0)

短い夏休み、南信州、道の駅信州平谷にて車中泊。
標高が900mほどありとても涼しい。
温泉もフリーWiFiも完備していて快適な夜を過ごすことができた。
道の駅しなの、道の駅いくさかの郷でも車中泊。
黒姫山が姿を見せてくれなかったのが残念。

喰った喰った。

20220817autocamp.jpg

カテゴリ:

CO/CO2 Sensor

| コメント(0) | トラックバック(0)


Bofypoo CO2センサー 二酸化炭素濃度計

コロナの第七波に完全突入。先週の新規感染者は世界で最多となったらしい。
感染対策を行っている飲食店では二酸化炭素(CO2)センサーを設置して換気をモニタリングしている店舗が多くなってきた。宅内の換気レベルに興味があり、安いC02センサーを購入してみた。測定値の正確性はわからないが、相対的な指標と意識づけの効果に期待。

センサー購入の目的はもうひとつ。
CO2の測定とともに一酸化炭素(CO)も測定できるセンサーを探して入手した。車中泊の際に調理の為に火器を室内で使うことがある為、一酸化炭素中毒による事故を防止すべくCOセンサーが欲しかったのだ。

COもCO2も測れる安価なセンサーなど都合のいいものはないだろうとダメ元で探したところ、幸い辿り着いたのが上記のものだ。

20220727CO2sensor.jpg

とりあえずそこそこ換気できている模様。

カテゴリ:

20220701lc80rc_3.jpg

Radio controlled (R/C) cars has been my hobby for a while, and I've been building ones, running them, then trashing them. The latest one is a Formula 1 six wheeler I built more than 5 years ago, but it's been sitting in the "garage" for a while now.
The issue with road going R/C cars is that there are few places to run them. With low ground height and short suspension stroke, it's difficult to enjoy the ride unless you run them on a really flat and clean paved area. Since there are so few of them around, the cars end up stashed in the closet.
So, off road crawlers. They're made to run off road, up hills, rocks and even muddy areas making full use of the suspension. A different way to enjoy than road cars, and no need to look for flat pavement. A lot of tune up parts add on to the enjoyment.

The model I chose for my first crawler was a 1/18 scale Toyota Land Cruiser 80 scale crawler from a manufacturer called FMS. As rumored, it's degree of perfection is quite high and well built, and a good moving suspension with four wheel drive.

RocHobby 1/18 スケール カタナ トヨタ ランドクルーザー RC ロッククローラー モデルカー

20220701lc80rc_1.jpg 20220701lc80rc_2.jpg

Running it in rough terrain showed it's potential with long legs and sufficient torque, but I also learned it challenging to make it climb up and down tricky areas avoiding a rollover. Yes, challenging, and fun.

20220701lc80rc_5.jpg 20220701lc80rc_4.jpg

カテゴリ:

時折強い雨が降る週末土曜日、夕方に富士五湖に到着してまずは日帰り温泉「紅富士の湯」で湯を浴びる。
ここは晴天時には富士山を眺めることができる絶景湯らしいが、当日はシトシトと雨が降る中での入浴だった。
夕食と翌朝食を入手して、かろうじて明るいうちに道の駅 富士吉田に到着。
ここで入手できて美味しいと噂の富士吉田の湧き水を汲んで車中泊の準備後、レトルト中心の夕食を済ませたのちにまったりとテレビ鑑賞やメールチェックして過ごした。

20220618fujiyoshida1.jpg 20220618fujiyoshida2.jpg

就寝後、明け方トイレに起きると雨は止んでいて、幻想的な月あかりと富士山に出迎えられた。
二度寝して起きるとすっかり日が昇っていた。

20220618fujiyoshida5.jpg 20220618fujiyoshida6.jpg

扉を半開きにして車内から富士山を眺めながら朝食。

20220618fujiyoshida7.jpg 20220618fujiyoshida8.jpg

朝食後は特段予定もなく、周辺を散歩しながら時間をつぶす。

20220618fujiyoshida9.jpg 20220618fujiyoshida10.jpg

富士山レーダードーム館や道の駅併設のモンベル富士吉田店を冷やかす。時間を潰していた理由は軽食コーナーの開店待ちの為。名物の「吉田のうどん」を朝食のデザート(?)に食す。

20220618fujiyoshida11.jpg 20220618fujiyoshida12.jpg

北口本宮冨士浅間神社にお参り。参道が厳かで気分が落ち着く。

20220619kitaguchihongufujisengenji0.jpg 20220619kitaguchihongufujisengenji1.jpg

20220619kitaguchihongufujisengenji3.jpg 20220619kitaguchihongufujisengenji2.jpg

カテゴリ:

Shopping List '2022 梅雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

物欲の梅雨。(ボーナスの使い道?)

20220614tax.png

All play and no pay makes Jack a a tax evader...gotta fulfill my obligations first. :-)


20220614nike.jpg

故障(Nike Airのエア抜け)しているジョギングシューズの新調。Nike一択。(中学3年で履いたアシックスを最後にスポーツシューズはNikeしか履いていない。)パッと見地味な色しかなさそうにみえるのは歳をとって派手好きになったせいか??


20220614recorder.jpg

REGZA レグザ ブルーレイディスクレコーダー 1TB 3チューナー 3番組同時録画 DBR-T1010 ブラック

10年以上使ったHDD DVDレコーダーが不調なのでそろそろ入れ替えか。テレビが依然東芝REGZAなので、レコーダーも引き続きREGZAで。レコーダー間のコンテンツ引越しができなさそうなのが残念。地味なメール録画予約機能に期待高。


20220622leatheremancurl.png

LEATHERMAN(レザーマン) マルチツール CURL
LEATHERMAN(レザーマン) マルチツール WINGMAN
LEATHERMAN(レザーマン) マルチツール WAVE PLUS


車中泊用にマルチツールが便利そう。VictorinoxよりはLEATHERMAN希望。ハサミは必要。
WingmanかCurlで悩み中。背伸びしてWave Plusか。



RocHobby 1/18 スケール カタナ トヨタ ランドクルーザー RC ロッククローラー モデルカー
FMS 1/12 リアリスティックRC 完成モデル スズキ ジムニー(JB74型)

こちらはホントのオモチャ...といってもかなり本格的なオフロードR/Cらしい。完成モデルではあるので組み立ての楽しみはないが、F1マシンより走らせる場所を問わなさそうなので面白いかも。ランクル、乗ってみたかったしね。
新型ジムニーのR/Cも実車の再現性が素晴らしいようで魅力的だが、走破性(足の伸び)がそれほどでもないようなので今のところは次点。(走らせようと思い描いている場所が結構ラフテレーンなので)

カテゴリ:

Roof Deck (overlander style)

| コメント(0) | トラックバック(0)
Thinking about a overlander styled roof deck for my NV200 Camper while keeping the car height low. The ones by Rhinorack and YAKIMA look really cool, but are way too expensive by my standards. Looking for other options, I came across a nice looking one by CarMate INNO.

20220528inno_roofdeck120.jpg


カーメイト inno イノー 【 ルーフデッキ 100 】オーバーランダースタイル 【 エアロ/スクエアベース 対応モデル 】 INA510 黒
カーメイト inno イノー 【 ルーフデッキ 120 】オーバーランダースタイル 【 エアロ/スクエアベース 対応モデル 】 INA515 黒

Photo simultion, and it looks like the 110cm rack looks better balanced.

20220528inno_roofdeck100sim.jpg

THULE was my only choice for the base carrier. Using the fix points on the roof to attach the base carrier was also the choice, having bad experiences in the past clamping the base attachments to the door sill. THULE is the only manufacturer that has a fix point adapter for the NV200. I chose the Wingbar EVO with an aerodynamic cross section looked cool, and will help with wind noise reduction.
I plan to set up the roof rack towards the rear end of the roof, so I used the two fix points of the rear side out of the three. The typical choice would be to use the front two so the carrier would sit on the middle of the roof, but I'm going for something different.


THULE(スーリー) NV200 バネット(バン・ワゴン H21/5~ M20)ベースキャリアセット フット753+ウイングバー EVO7113B+キット3085


2022/06/05:
First things first, the base carrier system attached.

20220605thule1.jpg

20220605thule2.jpg 20220605thule4.jpg

カテゴリ:

Sticker Tuning

| コメント(0) | トラックバック(0)
Adding a Hawaii sticker in addition to the map of Japan sticker I already have...both favorite places.


20220525sticker2.jpg

Looking to also tune up my van with outdoor gear stickers, starting off with brands I'm actually using.

20220525sticker1.jpg

Happened to find a overseas site that makes custom sized brand logo stickers
20220525timberland.jpg20220525rei.jpg20220525patagonia.jpg


2022/06/08:
The arrived stickers in place.

20220608sticker1.jpg 20220608sticker2.jpg

カテゴリ:

Weekend Vanlife - by the Sea

| コメント(0) | トラックバック(0)
On a free weekend, I wander seeking relaxation and end up watching the ocean.

One day :

#sunday #morning #coffee by the #beach
#海 を見ながら #日曜日 の#朝 #コーヒー

20220412layout2.jpg 20220412layout3.png 20220412layout4.jpg

Another day :

Overlooking the #coast on a #Saturday
#湾を見ながら #土曜日
#surugabay
視線の先には #駿河湾
#冨久家
#冨久家のイタリアンロール
#NEOPASA駿河湾沼津 下り

20220416suruganumazu1.jpg 20220416suruganumazu2.jpg 20220416suruganumazu3.jpg 20220416suruganumazu4.jpg 20220416suruganumazu5.jpg

#campervan
#nv200
#nv200van
#nissannv200
#nissanevalia
#nv200camper
#focsluz
#campingcar
#travelvan
#vanweekend
#vanweekend_original
#vanlife
#traveljapan
#japancamping
#旅ぐるま
#旅ぐるまライフ
#キャンピングカー
#バンコン
#車中泊
#cleavewheels

カテゴリ:

収納を考える

| コメント(0) | トラックバック(0)

車中泊で懸案となった収納を色々考える。

マルチバーを設置して天井収納を考えてみるが、まともなものを設けると頭上が圧迫される。ワゴンタイプのNV200では内装内張がネジ穴を隠してしまっている上に、アシストグリップもないので固定が難しい。窓に固定するマルチバー用吸盤も存在するが、その場合設置位置が低くなり頭上が圧迫されてよろしくない。

20220318luggagenet.png

そこで頭上のの圧迫感を軽減しつつ天井内張りがあることを活かしてマジックテープ付のラゲッジネットを貼ることを考える。
天井から吊り下げる為に幅方向にマジックテープの補強を行ったうえで取り付け強度を増してみたところ、案外いい感じに収まった。

左右の家具に配置する物入れとしてスパイスラックを探してみる。ウッディなものを探してみたがイマイチしっくりこない。

20220318nitori_rack.jpg 20220318nitori_rack1.png

白基調な金属製のものに範囲を広げてみたがピンとくるものがない。ところが別件で立ち寄ったニトリに程よいモノが見つかったので試してみることにした。リアル買い物の威力凄し。

ゆっくり時間を過ごせる空間が出来上がると雑誌や本を持ち込むことも増えてきた。マガジンラック的なものが欲しいところであるが、雑誌を収める空間が見つからない。

20220408magazinepouch.jpg

リアシェルフにハンギングボックスというのはどうだろう?とりあえず展示会でもらった布製のバッグをリアゲートに貼り付けて、簡易的な雑誌入れを設置してみた。

そしてにシートバックにかけているブランケットの滑り止めにテーブルクロス止めはどうだろう?

さらに、殺風景なリアハッチに装飾を考えてみる。

カテゴリ:

20220312fujikawa0.jpg 20220312fujikawa_stamp.jpg

Just DIY work and setting up equipment (portable sink, bed board/shelf) is like like putting the cart before the horse, so I decided to go out auto camping with the NV200. I wanted to check out the added stuff in real usage to see if it works. I departed Tokyo late afternoon and headed south towards Mt. Fuji without a specific destination in mind. I ended up heading towards Fujikawa Service Area (SA) on the Tomei Expressway which I read as having a nice view of Mt.Fuji and nice facilities. I ended up arriving in the dark at night unable to check whether my read was correct, but I decided to trust it.

20220312fujikawa1.jpg

Before arriving at my destination, I exited the expressway at Fuji interchange and headed to a public bath place for a dip. As the name Fuji-city says, Mt Fuji can be seen from just about anywhere in the city.

After getting dinner and dessert, I headed to Shimizu interchange to get on the expressway and headed towards Fujikawa SA.I later learned that I could have accessed this SA via local roads. Lesson learned.

Arriving at the SA, there were very few cars around, and the (annoying) trucks which keep their engines running all night were parked in their spots a distance away. A few camping cars ready to spend the night here were already parked. In the darkness not knowing which direction and where Mt.Fuji can be seen, I randomly picked a parking place away seeking silence from other cars. Though I ended up having to move the car to a different place early morning in order to enjoy the view of Mt. Fuji from the window, the initial place was also good since I was unexpectedly able to shoot a nice night view.

20220312fujikawa2.jpg 20220312fujikawa3.jpg 20220312fujikawa4.jpg 20220312fujikawa5.jpg

As I spent the night eating bento dinner in the car watching TV (no cooking, just boiling water for my instant miso soup and tea) and having dessert while checking my emails, I quickly became sleepy. (I guess that tennis in the afternoon followed by a hot relaxing bath did it.)
Using the sink unit which I filled water with before departure to wash my face and brush my teeth (fulfilled it's role perfectly) , I converted the space to bedroom mode by changing the rear shelf to the bed board. The switch was very easy being able to leave the sink as is. The legs attached to the bed board is a bit weak resulting in the board moving when I turned over, but that's nothing compared to the extended bed width achieved. It was still a chilly night but the FF heater made the van warm and comfortable to sleep in.

20220312fujikawa6.jpg

Getting out of the van midnight for restroom business, I was welcomed by a beautiful night view looking down at the lights of Fuji-city. Was able to catch a nice Instagram pic.

20220312fujikawa7.jpg 20220312fujikawa8.jpg

However on my second wake up as the sky was beginning to brighten, I discovered that the view of Mt. Fuji was blocked by a building and unseen from where I was parked. No wonder no one was parked around the area. After thinking about the burden of moving the car to another lot, I decided to do it out of strong desire to wake up to a view of Mt.Fuji though the van window. I went back to sleep for another couple of hours, and happily woke up to see what I had wanted to see.

20220312fujikawa16.jpg 20220312fujikawa9.jpg 20220312fujikawa10.jpg 20220312fujikawa11.jpg 20220312fujikawa12.jpg

Dripped coffee, roll sandwich and yogurt from the portable refrigerator powered throughout the night by the EFDELTA power brick (another equipment check item) was breakfast. Spent some lazy time in the van slowly packing up and tearing down my sleeping quarters until realizing that all the SA facilities and shops had been already open for a while, and visitors were already coming in waves. I went window shopping teasing the gift shops, enjoyed the full view of Mt.Fuji from the observation deck, and casually strolled around the area till the clock was telling me it was about lunch time. After purchasing a small cactus as my new traveling buddy at a local market booth, it was time to start the engine and leave the SA searching for lunch.

20220312fujikawa13.jpg20220312fujikawa14.jpg

I ended up visiting a local seafood bowl eatery called "Sunzoku" near Tagonoura fishing port. The raw fish bowl included maguro tuna, raw and boiled whitebait, and sakura shrimp. Eating the bowl as recommended, I discovered that sesame oil (with a sprinkle of salt) goes well with whitebait.

20220312fujikawa15.jpg

I stopped by the river side of Fuji River for an after-meal cup of coffee, before heading home.

カテゴリ:

#富士㐂中目黒店
#ひれかつ
#とんかつ
#やわらかい
#tonkatsu
#porkcutlet
#japanesefood
#yummy

Filet cutlets have become very tender these days...is it age that is making me like them more than loin cutlets ? lol


20220302tonkatsufujiki.jpg

カテゴリ:

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Twitter

最近のコメント

アーカイブ

アイテム

  • 20220618fujiyoshida1.jpg
  • 20220618fujiyoshida2.jpg
  • 20220618fujiyoshida4.jpg
  • 20220618fujiyoshida5.jpg
  • 20220618fujiyoshida6.jpg
  • 20220618fujiyoshida7.jpg
  • 20220618fujiyoshida8.jpg
  • 20220618fujiyoshida9.jpg
  • 20220618fujiyoshida10.jpg
  • 20220618fujiyoshida11.jpg

Amazon

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.9.1