SONY BDP-S1500

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

Twitter-blue-32

鳴門鯛焼本舗

| コメント(0) | トラックバック(0)

うーむ、確かに天然一本釣りではあるが、、、

180203taiyaki0.jpg

180203taiyaki1.jpg

180203taiyaki2.jpg

180203taiyaki3.jpg

小綺麗すぎる!?し、何と言っても小さい!

ただそれを差し引いても寒い時の鯛焼きは美味しいね。

  • 天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 - http://www.taiyaki.co.jp/

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    久しぶりのやぶ久

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    「やっぱりやぶ久なのですよ~」から10年以上ぶりに日本橋やぶ久を再訪。
    目的はカレー南蛮だ。一番おいしいと脳裏に刻まれているカレー南蛮の味を久しぶりに味わいたくなったのだ。

    180203yabu0.jpg

    若旦那もそろばん会計もなくなっていたが、カレー南蛮は変わらず美味しく一安心といったところ。昔の記憶と比べるとソバ出汁と山椒の味が薄くなっている気がしたが、相変わらず今まで食した中では一番の"蕎麦屋のカレー南蛮"だと思う。
    180203yabu1.jpg

    豚と鶏の二種類のカレー南蛮は、鶏は青ネギ、豚はタマネギと具材を使い分けているだけではなく片栗粉の調整でカレー出汁の濃さも区別されている手の込みようだ。
    普通、辛口、大辛から辛さも選べる。

    180203yabu2.jpg

    もっと頻繁に通いたいと再認識。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    BOSE祭り

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    年末の高揚感に乗じてBOSEストアに二日連続通ってしまった。

    180103bose_1.jpg

    まずはBluetooth対応のフルワイヤレスイヤホン、Soundsport Free Wireless。相方の通勤用。
    音質はこれまで使っている中華製安物とは比較にならないくらい良く、特に低音のボリューム感はBOSEならではである。それは当然として、感心したのは専用アプリSound Connectの秀逸さ。Bluetooth接続の自動セットアップはもちろん、イコライザーやイヤホンを紛失した際に役立つ位置モニタリング機能などガジェット好きにはたまらない機能が付いている。そのせいか、Bluetoothは無論GPSなどでスマホ側の電池をかなり喰うのは欠点。


    180103bose_2.jpg

    本命はこちら。以前から目を付けていたマルチルームスピーカー:Soundtouch Wireless Music System。
    モノラルの10、中型の20、大型の30と3モデルを聴き比べた結果、予算と音質のバランスで SoundTouch 20 Speakerを選択。コンパクトな10も魅力的であったが20/30のステレオ臨場感と聞き比べてしまうと聴き劣りがしてしまい少し奮発してしまった。

    180103bose_3.jpg

    音については期待通りのBoseサウンドを求めていたのは無論のことであるが、このスピーカーに求めていたのは愛聴しているインターネットラジオのプレーヤーとしての役割である。WiFi/LAN/Bluetoothに対応しているこのスピーカーは自身でインターネットラジオの再生機能を持っている。PC/モバイルデバイス用のSoundTouchアプリを使いスピーカーの6つのプリセットボタンに好きな音源を登録し、ワンタッチで楽しむことができる機能を持っているのだ。
    インターネットラジオの場合、SoundTouchアプリから一度登録してしまえば、PCやiPhone/iPadなどでTuneInなどのラジオアプリを起動することなくスピーカー単独でラジオ再生が可能になる。6つのプリセットボタンに一局ずつ、合計6つのラジオステーションを登録することが可能なのだ。

    170103bose_4.jpg

    もちろんSoundTouchアプリを使えば他の放送局の再生も可能である。SoundTouchはTuneInでカバーされている放送局を包含していて、選択可能な放送局はより多い。またアカウントを持っていればAmazon MusicやSpotifyの音源も再生可能である。またSoundTouchアプリはiTunesライブラリと連動も可能であり、別の部屋にあるPC上のiTunesの音楽ライブラリも遠隔再生が可能である。当然Bluetoothを使ってiPhoneなど手元のモバイルデバイス内の音源再生も可能である。

    世界中の音楽がワンタッチでリビングに高音質で広がる。
    鳴らしてみると自宅とは違う空間にトリップしたような、想像以上に非日常感を味わえるBOSEらしいステキな買い物となった。
    結局年末年始はテレビもあまり見ず、コレをずっと鳴らしっぱなしにして過ごしてしまった。
    普段聞かないクラシックジャズなんぞ聞きながら。

    180103bose_5.jpg

    現在良く聴いているインターネットラジオ(プリセット)局

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    18_newyears.jpg

    本年もオンライン・オフライン共々、どうぞ宜しくお願いします。

    2017年は(あ)にとって大きな環境変化の一年であった。
    年賀状を用意するにあたり一年を振り返ってみたものの、地に足がついていない自分ばかりが思い出され頭の中で一年の記憶が整然と構築できていないのだ。
    ただ年間通じて何度かあった、色彩豊かな植物に神経を集中させてシャッターを切った場面、そしてある程度思い通りの画像を得られた時の爽快感と癒しは印象に残っていた。それは現実世界から逃避して一時"色"に陶酔できる鎮痛剤のような役割を果たしてくれたのかもしれない。
    年賀状にはそんな"色"をコラージュしてみた。

    2018年は色に逃げず、色を追いかけることができる一年にしたい。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    コンサート2017

    | コメント(0) | トラックバック(0)
    • Ken's Bar 2017 Xmas Special !! (12/24 横浜アリーナ)
    • 渡辺貞夫 Rebop Night (12/9 軽井沢大賀ホール)
    • スナックJUJU アリーナツアー2017 (7/1 さいたまスーパーアリーナ)
    • スターダスト☆レビュー 35 Anniversary スタレビ大宴会 (5/20 さいたまスーパーアリーナ)

    うーん、今年は少なかったぞ。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    小田原に立ち寄った際に、美味しい天丼で有名な店「だるま」を訪問。
    頼んだのは天重とマグロづくし丼。

    171216daruma1.jpg

    歴史を感じる店舗の門構え。

    171216daruma2.jpg

    胡麻油100%で揚げた天ぷらはカリっと美味。エビもプリプリ。

    171216daruma3.jpg

    小田原港の近くだけあって、まぐろ尽くし丼も美味しかった。

  • のれんと味だるま - http://www.darumanet.com/index.html

  • こちらは同じく小田原で有名な美味しいいアンパンを売っているパン屋「守屋製パン店」

    171216anpan1.jpg

    店舗前にはパンを求める長蛇の列

    171216anpan2.jpg

    サイズは小ぶりも重さがズッシリ。出来立てのホカホカを売っている。ホカホカのアンパンを食べたのは初めてかも。

    171216anpan3.jpg

    中にはアンがぎっしり詰まっている。甘さも程よくいい感じ。

  • 守屋製パン店(食べログ) - https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14003916/

  • 171216himono.jpg

    最後は「干物の早瀬」。肉厚で美味しい干物を小売りしてくれる。
    裏通りの一軒家店舗であるが有名店だけあって看板が至る所にありわかりやすい。

    <おまけ>
    171216daruma_omake.jpg

    「だるま」ではなんと番組収録で来ていたバナナマンの日村に遭遇!

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    東京 2017/11/19

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    冬晴れの東京を望む。
    三軒茶屋のキャロットタワー最上階より。

    171119carrot_s.jpg
    (クリックすると大きな画像が開きます。)

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    鉄龍(リュウ)山

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    171109sanra1.jpg

    国道246号線を横浜方面に走り、たまプラーザ駅近くの元石川交差点近くにある鉄リュウ山という中華料理屋に入った。鉄鍋餃子がウリのようだが酸辣麺を食す。

    171109sanra2.jpg

    コショウが効いた刺激的な味付けも、激辛というわけではなく落ち着いて食べることができる。酸味もしっかり効いていてオーソドックスでありながら癖になりそうな一品。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    長距離の飛行機移動が増えそうになって購入したBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォン。
    ノイズキャンセリングによって機内で得られる静寂を知ってしまうと手放せなくなる。
    飛行機で熟睡するには必須のアイテム。

    171029bose1.jpg 171029bose2.jpg

    171029bose3.jpg

    もう少し小さいと持ち運びやすいのにとも思うが、得る恩恵の方が大きいのでヨシとする。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    ガジェット投稿第三弾。
    BoseのモバイルスピーカーSoundLink Mini Bluetooth® speaker IIを1年以上使っているが、
    いまだにそのサイズからは想像できない音質、特に低音の力強さには感心する。

    171028bose1.jpg

    充電式の携帯スピーカなので気軽に外に持ち運ぶことができる。
    ブルートゥースが主インターフェースであり、iPhoneと簡単に繋げることができる。

    171028bose2.jpg

    音楽ライブラリの再生のみならずRadikoやTuneInアプリを使ってラジオも聴いている。
    サイズから想像できない重厚感とパワーはいつ聴いても感心する。
    屋内はもちろん、屋外でも十分使える。

    重量が重い点と、blueoothのマルチペアリングをサポートしていない点が玉にキズであるが、
    重量は音質実現の為の必要悪と納得すれば、ほぼ完ぺきな買い物だと今でも思っている。
    2台買ってしまったくらいに。

  • BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker II - https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/portable_speakers/soundlink_mini_ii.html#v=soundlink_mini_ii_carbon_jp
  • カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    大ラジカセ展(8/6)

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    171025radiocassette_exhib1.jpg

    夏の暑いさなか、涼みがてら昔懐かしいラジカセを見てノスタルジックな気分に浸りに渋谷に向かった。
    西武デパートで開催されていた「大ラジカセ展」に足を運んだのだ。

    171025radiocassette_exhib4.jpg

    高性能、大型ラジカセが流行っていた頃に引き戻された。パイオニアのRunawayがなかったのは残念。

    171025radiocassette_exhib2s.jpg

    171025radiocassette_exhib3s.jpg

    懐かしのカセットテープ。幾つを覚えているかな。(画像クリックで拡大)
    SONY DUAD(FeCr)TDKのMA-Rがないのが残念。

    171025radiocassette_exhib5.jpg

    帰宅後、ネットで愛機を探してみた。これこれ、ソニーのZILBAP!

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    GPD pocket

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    今夏の疲れを癒した物欲の成果!?物 - GPD Pocket
    年初にクラウドファディングサイトindiegogoで投資に参加したWindows ポケットPC(UMPC)が8月に到着。

    171017gpd_1.jpg

    このUMPCのクラウドファンディングは当初募集額のなんと1500%オーバーとなる320万米ドル以上の調達に成功。
    参加した時点で既に目標達成していたので企画倒れの心配はなかったものの、実物が届くまではやはり心配であった。

    171017gpd_2.jpg

    中華っぽい仕様てんこ盛りでソフトウエアは変な動きも多いマシンである一方で、
    梱包を含めて外装はMacbook Proを非常に意識したデザインだと思う。もう少し薄ければApple製品でも通用するかも。
    スムーズな手触りで高い剛性を実現したエッジ処理がキレイなマグネシウムCNC削り出しの筐体など外装品質は意外に良好。
    コーヒーカップとの対比でサイズ感をイメージして欲しい。

    171017gpd_3.jpg

    開いた状態。しっかりしたヒンジ、ガタツキが極めて少ないキーボードなどは高級PCをほうふつさせる。
    サイズに対してキーピッチは十分な一方で一部変則的なキー配列にしわ寄せがきていて、慣れが必要である。

    171017gpd_4.jpg

    小型USBメモリを指してみると、サイズ感に違和感を感じるくらい小型である。

    • [CPU] Intel Atom x7-Z8750(1.60/2.56GHz) [メモリ] 8GB(LPDDR3-1600 SDRAM)
    • [グラフィックス] Intel HD Graphics 405(CPU内蔵)
    • [ストレージ] 128GB eMMC
    • [ディスプレイ] 7型液晶(1,920×1,200ドット、16:10、マルチタッチ、Corning Gorilla Glass 3)
    • [OS] Windows 10 Home 64bit

    この物欲、、、冷静に考えるとやはり「コレ」へのオマージュが購買の大きな動機かな。↓

    http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1079/088/html/03.jpg.html

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    bills

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    今更感があるが、billsの看板メニューであるリコッタバターパンケーキをブランチに食べてみた。

    ricotta hotcakes, fresh banana and honeycomb butter

    ふわふわトロトロ。

    親子丼やオムレツを形容するにふさわしい表現が似合う、柔らかいパンケーキが三枚重ねでサービングされる。
    口の中でとろけるパンケーキなどなかなか遭遇しないが、
    卵を相当念入りに泡立ててたっぷりとバター使っていることが容易に想像できる。
    リコッタチーズと、バナナ、メープルシロップの相性は食べるまで想像できなかったがとても良かった。

    170311bills_1.jpg

    170311bills_2.jpg

    難点を挙げるとすれば、
    このふわトロで濃厚な重量感がボディーブローのように効いて、かなり満腹になることか。
    美味しいのは確かであるが、最後の方はちょっと食べ飽き感を感じた。

    bills - http://billsjapan.com/jp

    東京都世田谷区二子玉川2-27-5 玉川高島屋S・Cマロニエコート3階
    TEL 03-3708-3377 問合せ専用
    TEL 050-3188-6512 予約専用

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    GTI 久しぶり

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    久しぶりにシャ庫から引っ張り出してきました。

    0401_GTI.jpg

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    本年も宜しくお願いします。

    今年は仕事上大きな環境変化を迎える年となりました。
    不安や変化に翻弄されないようしっかりと自分を保ちつつ、
    新たなミッションに挑みたいと思います。

    充実したプライベートとのバランスを維持するために、
    今年は心の余裕と体力維持に一層気をつけて過ごしたいと思います。

    170101newyears1.jpg

    170101newyears.jpg

    170101newyears2.jpg

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    Cycle@nak更新

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    フロントエンドにlow and wide感を出したいと思いフロントチンスポイラーを装着。S-LineやRS4用のフロントスポイラーは選択肢が豊富な一方でスタンダードモデル用のそれは選択肢が少ない中で探してきた一品。

    161015a4_chin2a.jpg

    Unpainted-Black-Primer-Fiber-Glass-font-b-Front-b-font-Lip-Chin-font-b-Spoiler-b.jpg

    161015a4_chin1.jpg 161015a4_chin3.jpg


    標準装備のフォグランプについて感じていた光量不足に対処しつつ、今どきの見た目?を求めて大光量LED化を行った。

    gd14860-m-03-pl.jpg

    161015a4_fog.jpg

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    161015carp_series.jpg

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    B8B9比較

    | コメント(0) | トラックバック(0)

    雨の一日、室内でぼーっとしているのでデザイン比較などしてみた。

    B8B9compare_spec.jpg

    見た目がほとんど変わらない見事なキープコンセプトなAudi B9 A4と言われているが、
    デザイン上はCurvyなラインからSharpな趣きに大きく変化したように感じる。
    寸法図ではわからない比較。上段がB8、下段がB9


    B8B9compare_front.jpg

    フロントグリルもさることながら、どの線を取ってみても曲線対直線が見て取れる。
    サイドの膨らみもしかり。


    B8B9compare_front3.jpg

    B8より新型B9の方がボンネットからフロントマスクにかけて低く抑えられていることがわかる角度の比較。
    サイドのボリューム感は曲線基調のB8の方がある。


    B8B9compare_side.jpg

    B9が相対的に腰高のように見える。真横からあまり違いは目立たない中で、
    リアクオーター特にDピラーからリアライトの微妙なデザイン差が2台の全てを表しているように見える。


    B8B9compare_rear.jpg

    リアクオーターのデザインが一番両車のデザイン上の違いが表れていると感じる。
    丸みで量感を醸し出しているB8に対して横方向の直線デザインで幅広感を出しているB9。
    自車(B8)の車高が少し高い分、差が強調されて見える。


    B8B9compare_dash.jpg

    ダッシュボードは全く別物。
    ドライバーを包み込む今やレトロ感があるB8のドライバー周りに対して
    室内も直線基調と腰低で開放感を演出しているB9のダッシュボード。


    B8B9compare_catalog.jpg

    カタログも比較してみた。
    製本方法もデザインコンセプトに応じて意図的に中綴じから折り目しっかりな包み製本に変えているとしたらスバラシイ。

    カテゴリ:

    Twitter-blue-32

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    Twitter

    最近のコメント

    アーカイブ

    アイテム

    • 41tzpX7879L._SL250_.jpg
    • 31gwgnj3xnL._SL250_.jpg
    • 180203taiyaki3.jpg
    • 180203taiyaki2.jpg
    • 180203taiyaki1.jpg
    • 180203taiyaki0.jpg
    • 180203yabu2.jpg
    • 180203yabu1.jpg
    • 180203yabu0.jpg
    • 180103bose_5.jpg

    Amazon

    OpenID対応しています OpenIDについて
    Powered by Movable Type 6.2.2