February 2006アーカイブ

Air Fridayをパッキング

| コメント(6) | トラックバック(0)

060226suitecase.jpg

鹿児島ツーリングへ向けて自転車を発送する前夜の図。(写真) Air Fridayをスーツケースにパッキングするのだが、Sat-R-Day購入時に入手したスーツケースの内側に緩衝材を敷いた上でパッキングすると、リアディレーラーがフタに当たってしまい、余裕をもって収まらない。その為リアディレーラーはリアエンドから外して格納しているのだが、厚みが増した新型スーツケースなら問題ないんじゃないかと思う。フレームサイズが小さいもう一台はそんなことをしなくても余裕をもってすんなり入るのだが、エンド幅が同じ2台(=厚み方向は同じはず)なのになんでこうなるのだろう?
いつものように若干の試行錯誤を経て、無事出荷。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

Cycle@nak更新

| コメント(5) | トラックバック(0)

Cycle Reportに「2006-02-18 伊豆 下田ぽたりんぐ」追加

カテゴリ:

Twitter-blue-32

ペイント

| コメント(0) | トラックバック(0)
ペイントぬりたて。ペンキぬりたて。うむ、違和感。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

半荘終了〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

Twitter-blue-32

東二局

| コメント(0) | トラックバック(0)
いきなり降りてます。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

和風ジャージ

| コメント(0) | トラックバック(0)

パールイズミから、なかなかオリエンタルなサイクリングジャージが発売されていて外国人ウケしそう。海外イベントでのウケねらい用に一着買うのもいいかも。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

@nakのブログを再編して、本日正式に公開します。
今回の変更最大のポイントは(た)さんによるブログの新規公開となります。
変更点は以下の通り :

  • (た)さんのブログ : 「うさこのごはん」新規公開します。

  • Column@nak」は(あ)中心のブログとして継続運用します。

  • @nak.comのトップページには「Column@nak」と「うさこのごはん」両ブログの投稿が表示されますので、こちらを見ていれば両ブログの投稿が読めます。トップページのRSSにも両ブログの投稿が反映されます。

  • MovableType 3.2にアップグレードしてコメントスパム対策機能が備わったことに伴い、ブログのコメント機能をオンにしました。これにより個々の記事(直下)にコメントすることが可能になります。@nak Guestbook/Message BBSは掲示板として引き続き運用します。使い分けは特に考えていませんのでお好きな方に書き込んでください。


これからも@nakのブログを宜しくお願いします。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

夜練

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

Twitter-blue-32

昨年ハワイでお世話になったBike Friday乗りであるChadさんのお嬢さんが昨年末に来日して、現在浜松住んでいる。日常の足としてmama-chariを使っているそうだが、元気な彼女はスポーツタイプの折り畳み自転車("a used BF, other foldable, or regular hybrid")が欲しいそうだ。@nakと直接お知り合いで手放してもいい小径スポーツタイプの自転車をお持ちの方、よろしければ御連絡ください。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

下田締め

| コメント(0) | トラックバック(0)
港の廻転寿司で金目のにぎり

カテゴリ:

Twitter-blue-32

ハリスの足湯

| コメント(0) | トラックバック(0)
下田は街中に足湯が点在しています。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

爪木崎

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

Twitter-blue-32

下田

| コメント(0) | トラックバック(0)
金目の煮つけウマいっ!

カテゴリ:

Twitter-blue-32

Japanese Style ! (toilet)

| コメント(0) | トラックバック(0)

060217toilet.jpg

(トイレねたが続くのは意図的ではないのだが...)
札幌出張の際に某外資系ホテルで行なわれた会議に参加した。それは海外からの参加者も迎えた国際色豊かな会議だった。
その会議の休憩時間に、今回初めての日本訪問だというアメリカ人と雑談しながらトイレに向かったのだが、そこで思いがけず日本文化の紹介をするはめになってしまった。
実は会議室があったフロアの男性トイレには個室が4つあり、うち3つが和式トイレで1つが洋式トイレという今時ちょっと珍しい配分(外資系ホテルなのに!)になっていたのだ。個室に用があった彼は唯一の「Western Style」が塞がっているのをみて「Japanese Style」の個室を覗き込むと、困惑した顔で助けを求めてきた.....

"Um..Okay, How do you use this ? "(コレ、どうやって使うんだい?)

おもむろに個室に入っていった彼に実演して説明してあげましたよ。(笑)

"No,no, that's the wrong way ! "

皇居近くの公衆トイレには、和式トイレの使い方が図入り+英語で個室に掲載されているという「へぇ~」な話を以前笑って聞いていたが、まさかそういう場面に自ら直面するとは。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

てっきりひとつしかないものを思い込んでたら、各メーカーからいろんな「しろくま」さんが出されているのですね。
氷に練乳と小豆とフルーツをのっけたものを一般的にしろくまと呼んでいるようです。ふーん、知らなかった。
で一応は元祖とされているお店がある訳で、他所のお店とはひと味違ったやわらかい氷がウリになっているようです。やわらかい氷とはどんなんでしょうか?hawaiiのwaiora shave iceみたいのかしら。
行ってみたし、食べてみたし。

http://ameblo.jp/bat10/entry-10001953380.html
天文館むじゃき
http://www.mujyaki.co.jp/top/top.html

カテゴリ:

Twitter-blue-32

シャトルシェフがやってきて約2週間。我が家のライフスタイルにぴったり合っていたみたいで、とても重宝して使っています。
お鍋に材料を入れて煮立てて保温するというこの基本3ステップを守り、後は気を使わず時間が仕上げてくれるのを待つばかり。仕上がり具合と味もかなり気に入っています。
お夕飯の支度している最中あるいは後片付けをしながら翌日のおかずの準備をしてしまうのがここしばらくの日課となっていて、翌日は帰宅したらすでにメイン料理ができてるのでゆったりとした気分でその他のおかずに取り組めるのは精神的にのんびりできて楽チンです。
ただシャトルシェフ特有の調理のコツをまだ掴めていなくて、最低保温時間(熱の通り具合)、煮汁の分量、味の決め方etc.に慣れるまでにもう少し時間が掛かりそうです。けっして煮詰まらない煮汁と最初に塩分濃度を整えてしまうやり方にどうしても親しむことができません。

自分なりの考察をいくつか。
○なるべく味を薄めにして後から調整。
○煮汁を煮詰めたい時は蓋をずらして再加熱。それでも足りなければトロミをつける。
○火の通り具合が心配であれば再加熱する。
○保温温度低下を招く長時間保温に用心して、再加熱を心掛ける。
○煮汁は少なめにし、保温途中で中身の上下を返す。

豚もも肉のブロックとカップ一杯のとんかつソース、トマト缶+あるふぁを煮込んで写真の一品ができました。
ブロック肉を引き上げ、たこ糸を外して包丁を入れてみると崩れる直前の柔らかさ。中までしっかりと保温されてるから火傷するほど熱々で、かみしめるとじゅわーっと旨みが広がります。パサパサ感がまったくなくてジューシーそのものです。きささんが言っておられたとおり、じんわりじっくり火が通っているのを体感できました。
これまで牛肉、豚肉、鶏肉、ひき肉の煮込みに挑戦してきて、豚肉料理に最適かしらと思ってます。豚プロックもばら肉、ロース、肩ロース、もも肉と種類がある中でもっとも経済的で脂の少ないもも肉を選んでも充分美味しくできました。

今のところ冬に食べたい煮込み料理に抜群の威力を見せていますが、ひょっとしたら少しでも加熱時間を短縮したい真夏時の調理に最適なのかもしれません。おもてなし料理にも活躍してくれそう。
とりあえずお台所の肥やしにならず付き合っていけそうです。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

今週はこんなにいろいろ買ってしまった・・・
マッサージ棒、ティッシュケース、木製トング、ハーブの香り袋、ビーズにボタンにテグスに・・・
マッサージ棒は手のひらにすっぽり収まるサイズで、お仕事中もゴリゴリ。凝っている部分にピンポイントで当てられるので気持ちが良い。手のひらに包んでさりげなく肩や背中に押し当てる動作を誰にも気づかれてないはずと思ってるのは私だけのような気がしないでもないけど、まぁいいか。
外見もかわいらしい香り袋はドアノブや洋服ダンスに掛けられるようになっているタイプで、今ウチのトイレを良い香りで満たしてくれてます。あんまり気に入ったのでまとめ買い。
手芸の素材達は素敵な作品に仕上がる予定は未定の、私のセンス次第ってとこかな。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

060216washlet.jpg

皆さんはウォシュレットや便座ウォーマーを愛用しているだろうか?
どうにも馴染めない。宿泊先のホテルで部屋に備え付けてあると、こっそりと試してみること何度か、しかし常用しようという気になれない。
まずウォシュレット。何といっても洗浄時のもくすぐったい感じが落ち着かない。それに洗浄後にトイレットペーパーを使用するとペーパーがビショビショになってしまうのも不快ではないだろうか。温水のナマ暖かさと相まって、(用を足した)すっきり感をスポイルする気がしていてならない。
一方便座ウォーマー。こちらも腰を下ろしたときの中途半端なナマ暖かさがイヤで、むしろ寒い日などに冷たい便座に座った時の「冷やっ、ブルッ!」感が快感だったりしていたのだ。ところが、この「冷やっ、ブルッ!」は最近苦痛になってきた。急な刺激に対して心臓が弱くなったようで(苦笑)暖められた便座に座るとふぅーと溜息をつく始末だ。
洗浄には依然抵抗を感じるが、便座ウォーマーはいいかも知れないと「おしりの嗜好」が変わってきたの最近の軟弱化(老化!?)傾向の一端か。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

MUJI製品の優れもののスライサーを手に入れてからサラダ作りが楽しくなりました。大根もたまねぎもにんじんもシュシュっとね。どんなにがんばって包丁を研いだとしても、私の包丁裁きではこれほど均一にきれいでスピーディかつ大量にはスライスできませんものね。便利な道具を持つとお料理も楽しくなるような気がします。
木製のトングはいつもウロウロしてるnatural kitchenでひと目惚れしたもので、これもお気に入り。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

大好きなミルクフランスの他にBackerei徳多朗のパンで気に入っているのはかぼちゃパンのクリームチーズ。かぼちゃを練り込んだ丸パンにやわらかく練ったクリームチーズがたっぷりと挟み込まれています。ケホケホと咳き込むこと必定なほどたっぷりのシナモンパウダーがアクセントになってるでしょうか。サンドイッチ類はお店の特に込み合うお昼近くにならないと冷蔵庫に並べられないようなので、混雑を避けて買い物しようと時間をずらしたりすると手に入れるのは難しくなります。でも夢に見るほど食べたくなる一品です。1個150円。先日のこと、どうしても食べたくなって11時30分頃出掛けていったらまだ陳列されておらず、直前のお客さんに習って「かぼちゃパンのクリーリームチーズ(正式名称不明)できますか?」とオーダーしたところ、作り立てを運んできてくれました。お店を出て3分後にかぶりついてたのは言うまでもありません。私に元気とガッツを運んできてくれるおいしい一品です。

Beckerei徳多朗
6:30〜18:00 
定休日 水&日曜日

カテゴリ:

Twitter-blue-32

小樽

| コメント(0) | トラックバック(0)
せっかくの北海道、昨晩は小樽まで足を延ばしてすぅ〜しぃ〜してきた。運河観光はできず残念。 空港に降り立った時には寒いと思っていたが、夜外に出ると案外暖かった。(といっても0℃ですが...)

カテゴリ:

Twitter-blue-32

札幌

| コメント(0) | トラックバック(0)
雪です。寒いっす。何もこんな季節に仕事で来なくても...苦笑

カテゴリ:

Twitter-blue-32

出張で当日留守にする(あ)さんのために、一日早いバレンタイン。
あゆこさんから差し入れて頂いたLilien Bergのザッハトルテにアイスクリームを添えて。

久しぶりにデメルのザッハトルテを食べたいと思ってますが、表参道のお店はまだあるのかしら?

カテゴリ:

Twitter-blue-32

ハンドル位置再調整

| コメント(0) | トラックバック(0)

ステム高さを上げてバー角度を水平に戻す。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

ハンドル位置調整

| トラックバック(0)

AirFridayのハンドル位置調整中。前方突き出しを増してみる。ステム高を下げる分、ハンドルバー角度を立て気味にしてみる。ブレーキの引き加減に若干違和感あり。

カテゴリ:

Twitter-blue-32

このアーカイブについて

このページには、February 2006に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブはJanuary 2006です。

次のアーカイブはMarch 2006です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

アーカイブ

Amazon

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.7