<- [Previous Article] [Next Article] ->


初・車中泊(と気づき)

| コメント(0) | トラックバック(0)

20220212chiba_minamiboso.jpg

20220212chiba_shachuuhaku2.jpg 20220212chiba_shachuuhaku1.jpg 20220212chiba_shachuuhaku3.jpg

20220212chiba_michioekitomiura.jpg 20220212chiba_hoda.jpg20220212chiba_katsuyama_nabura.jpg 20220212chiba_fishmarket.jpg

NV200で初めての車中泊を試すべく南房総に向かい、三密を避けつつ道の駅とみうら枇杷倶楽部https://www.biwakurabu.jp/)で一泊した。千葉県の道の駅は数、内容共に充実していて廃校になった小学校をそのまま再利用している道の駅・保田小学校をはじめ、工夫を凝らした各所は訪問の価値がある。ちなみに道の駅とみうら枇杷倶楽部は「全国道の駅グランプリ2000」で最優秀賞を受賞した道の駅である。

車内での就寝は概ね(いや予想以上に)快適であったが、いくつか改善すべき気づきもあった。

  • 湿気(結露)対策
      冬場の車中泊は窓を閉め切って車内で暖を取るため結露が発生する。今回は何も対策をしなかったため翌朝には窓がびっしょりと濡れてしまった。換気扇の装着など対策は色々あるようだが、調べてみると、結露防止パックや無電源タイプの除湿機なるものが存在するようだ。面白そう。

      20220212chiba_ketsuro.jpg
  • 荷物の固定
      冷蔵庫やポータブル電源などそれなりに重量がある積載物を固定する手段が必要と感じた。作成中のギャレーも車内で固定させる手段が必要だ。まずは荷物をバンドで固定するためのアンカー設置を思案中。新車の内装を加工するのはまだ気が引ける為、まずは吸盤が機能を果たすかどうか試してみたいところ。

      20220212chiba_equipment.jpg
  • 車両の傾斜防止
      一見平坦に見える駐車場も微妙に傾斜していることが多々あり、車内で横になるとそれを敏感に感じてしまい就寝時の不快感につながることを実感した。立ったり座ったりしている分には気にならなくてもいざ横になってみると体は思いの外傾斜に敏感になるようで、今回最初に停めた場所では就寝前に傾斜が我慢できず、より平らな場所に移動した次第。レベラーを用意するか停車場所に気を使う必要があることを認識した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atnak.com/blog/system/mt/mt-atnaktb.cgi/7310

コメントする

このブログ記事について

このページは、@nak(あ)がFebruary 16, 2022 11:08 PMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Motorlog Update - NV200 Camper」です。

次のブログ記事は「自作ギャレー(給排水シンク+調理テーブル)パート1 / DIY Galley (water sink+table) part 1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

アイテム

  • 221014cruisecont_setup1.jpg
  • 221014cruisecont_setup2.jpg
  • 221014cruisecont_setup3.jpg
  • 221014cruisecont_setup.jpg
  • pivot3driveac2_spec-img.jpg
  • 20220927A4_80000km.jpg
  • 20220817autocamp.jpg
  • 20220727CO2sensor.jpg
  • 20220701lc80rc_3.jpg
  • 20220701lc80rc_5.jpg

Amazon

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.9.1